一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

2019年内に予約ができて、そして、年内に届いてしまう福袋を買いました。


スコーンで有名なべノア。

催事で買ったら美味しくて、こいつは好みだ!と福袋も購入。

各百貨店でも買えますが、初売りの日に該当店舗に足を運ぶことはなさそう(何故なら非常に混むとわかっているから)なので公式通販。

百貨店のオンラインショップでも購入可能でしたが、それぞれ内容が違うため、好みの組み合わせの店舗で買うのが正解ですね。

こちらが公式の2000円の福袋。

スコーントライアルにパウンドケーキ、ジャムと紅茶です。

予約は11月20日〜12月23日まで受け付けているそう。

到着が待ち遠しいですね!

べノア公式

https://www.benoist.co.jp/smp/index.html?


あとは最近ハマっているバニラビーンズのチョコレート。

布教を兼ねて人に福袋を手配。

楽しんでくれると良いな。

バニラビーンズ

http://chocolatedesign.co.jp/smartphone/index.html

アニメPSYCHO-PASSを見ました。

オープニングに虚淵玄の名前を見つけ、これは絶対楽しいやつじゃん!!!と確信して見ました。

そして、推測どおり面白いと同時に虚淵玄だもんちょっとグロかったね、という感じです。


舞台は近未来の日本、『鎖国している』という状況がエネルギーと食料をどのようにして維持してるのかと思ったら、しっかり作中で解説がありました。

食料は新しい品種を作り出し、それで賄っていると。

エネルギーはそもそも人口が減っているのだと。

人手不足はドローンが活用され、社会はシビュラという人工頭脳によって『色相』判定され保守されていると。

PSYCHO-PASSという造語も良いですよね、世界観と一致していてすごく好きです。


ワクワクするような設定で、主人公は公安警察。

社会の根幹を成すシビュラに対する反抗というか、挑戦というか、『生きる』とは何かを問いかける犯罪が起きる。それに挑む話なので、ハラハラすることしきり。

すべての事件が解決してHappy Endになるわけではなく、さらなる問いかけをしてくるので、これだから虚淵玄だとも言えますね。


『自分らしく生きる』とは何かを考えちゃった1期です。

続いて2期アニメが楽しみですわ。

全部無事読み終えました。
後半が産後すぐの発売日と知って絶望した臨月。
読まねば育児に専念することさえもできないと思って、寸暇を惜しんで頑張って読みましたよ。夜間の授乳が辛かった。

泰麒が戴に戻ってからの話。
驍宗様はそもそもまだ生きているのだろうか。というところからのスタートでどれほど心配だったか。
それっぽい人物があればもしや!?と思いながら読みましたとも。
焦ったい前半を超えて、後半の絶望に次ぐ絶望。深い恐怖は実際に戴に住む民だったらそれだけで死んでしまいそうです。

以下ネタバレを考慮しません。
阿選がなぜ立ったのか、それについては嫉妬であると周囲は認識しているが、泰麒は論外としていますね。
本人も嫉妬ではないとしています。では、なんだったのだろうな、と。
嫉妬に駆られて奪い取ったのならば、なぜ、玉座を6年にもわたって放棄したのかよくわかりません。競うことが目的で、お前よりも上だ。と示したかっただけなのだろうとわたしは思っています。飼い殺しにするつもりだったというから、そうなのかな、と。
だからこそ、麾下の誰にもいえなかった。
大義もなく、誰も納得し得ないと思っていたのではないかな、と。結果ひとりで立ち、麾下を置いて行ってしまった。麾下の誰しもが、本当は声をかけて欲しかっただろうに、と思うと悔やまれてならない。
同時に、どこでそこまで道を踏み外してしまったのか知りたいと思いました。
自分に都合の悪い人物を傀儡にするのはまだわかる、しかし、麾下を傀儡にする必要はあったんだろうか。
完全に傀儡にしてしまえばもう戻らない、信頼してついてきてくれた、共に過ごしてきた麾下を殺すと同義の行為を躊躇いなく行うその心。一体、いつ、阿選はその深淵に踏み込んでしまったんだろうか。

一方、泰麒の強い心というか、自分が蓬莱に行ったがために始まり、十二国に戻るために引き起こされた厄災に巻き込まれた人々を思い、強く保った心が辛い。
自分のために流された血に贖うためには守られてばかりはいられない、戴のために戦わねばならぬ。その決意。
お前は本当に戴の麒麟だな!と思いますよね。

最後まで浪燦については深く触れられておらず、阿選を唆しながらも、王は驍宗様と断じていたのは何がしたかったのか。
もしかして、当初の飼い殺し路線ならいつでも助けに行けるから、大逆があったときの天の反応を見たかっただけなのかもしれない。
好奇心は猫をも殺すというが、この場合はどうなんだろうか。
彼女のその後が気になるので、ぜひ、短編集では触れて欲しいのだが、多分触れることはないんだろうなぁ

最後、ハッピーエンドで本当に良かった。
そういうときは生きている人数を数えるんだ、の言葉に生きている人と強く生きようという意志を感じ、戴万歳!と両手を上げて祝いたい。
短編集の発売が楽しみです。

評価:
価格: ¥ 1,760
ショップ: 楽天ブックス

三浦しをん先生のエッセイが好きなんですよ。 しかし、今日の気分はこんなテンションではなかった。 というか、BAILAでエッセイ書いていただなんて知らなかった! おしゃれ雑誌じゃないですか。わたしには縁のない世界すぎてずるいわー 気分よく、テンションも高めの時にもう一度読み返したい。

クリスマスも終わってないのに福袋商戦がスタートしました。

福袋ではお茶類、出汁などの調味料系を買っていたので、予約開始と共にわたしの福袋はスタートです。


福袋一番乗り?は東急百貨店だったので、まあ、そこでサクッと予約。


久世福商店の3000円の福袋。

(画像は東急オンラインのもの)

友人と出汁の試食をもらったら美味しくて、こんなチャンスは逃せない!となりましたよね。



久世福商店は他にも金額違いで何種かあったので、必要に合わせて選択すると良いと思うのです。

うちの母は1500円で出汁だけ試せるやつを買ってました。


東急百貨店はラベイユの福袋も欲しかったんですが、残念ながら在庫切れ。

重いから届けてほしかったな。


来年はお茶類はほぼ買えないため、残すはチョコレートかしらねーと思っています。


PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM