いやいやいやいや、今時そんな人いるー?いないでしょー!というような事例にあふれていました。
とはいえ、そのように考える人が身近にいないだけであって、存在しているんでしょうね、恐ろしい。

セクハラの多くに言えることは、上司・取引先の娘・息子に対してはできない・言えないことはしない。の一言に尽きるのだろうと思いました。
あとはその場でサラッと流して大事にしてあげなかったんだぞ!と思っていてもグイグイ来る人にはNO!と突きつけなければいけないのだという事実ですね。
誰かのプライドや評判が傷ついたとしても、自分が心を病まないことのほうが大事。
まあ、言うより転職とかしてしまった穂が安全で早いな、とも思います。

個人的には性犯罪系は去勢して良いと思います。

ワクチンの話、5年ぶりくらいに読もうかな!と思って手に取ったら、ワクチンは別になくても良いわよ系の本でした。
ワクチンに関してはいろいろな意見があるので、子供の利益を最大限に考えてあげたいな〜と思っています。
著者はヒブ、肺炎球菌は放っておいても抗体が付くからいらない、おたふく、水疱瘡も幼いころのほうが軽く済むから打たなくて良い派でした。
一理あるとは思うものの、幼い頃っていったいいつまでのことなんでしょうね?
小学生のころ、水疱瘡に罹った際、わたしよりも3つ下の妹のほうがよっぽどひどかったことを思うと、幼いから軽く済むというのは眉唾では?と思ってしまいます。

とか言ってますが、ロタは接種しませんでしたし、同時接種も怖くてさせませんでした。
インフルエンザの予防接種も可能な限り打ちたくないな〜と思っています。ただ、保育園に通わせている以上、マナーの範囲だと思って1回は打っています。

しかしながら、2人目以降は上の子から病気をもらうものなので、乳児期さえ乗り切れば〜とのんきなことを言っている余裕はないかもしれません。
子供にとって最良の選択ができますように!

コウドノリのモデルになったお医者さん本です。
妊娠出産って女性なら誰でもできることなんでしょー?と思っている人には読むべき本です。
当たり前に行われていることが、いつも隣に死神を立たせていると気づくことができるかもしれません。
ダンナさんは奥さんの体がどのように変化してくのかを理論で理解できて良いと思います。
男は共感性が低いとか、感情でもの云々を取り払い、医学的な見地から妊娠出産のリスクと奇跡を追うことができます。

といっても、この本を手に取るような男性は元から妊婦に優しそうですけどね。

先の内診台から〜でもそうですが、医師は出産は安全を選んで産院を選べるのだから、自身の選べる最も安全な分娩を選択してほしいと訴えているように感じられました。
無理して山にこもって産む必要とかはないですしね。
NICUは最低でもあってほしいなーと思うのが、わたしの出産に対する思いです。

妊娠中に仕事をしていると、通勤中のあの無関心さは良くないなーと思います。
他人を思いやる余裕、もう少しだけほしいですね。

タイトルほど高齢出産に焦点を当てた話ではありません。
筆者が高齢出産したので、その時にどう思っていたとか、産後、医師としてどのように思うかという内容です。
医師としてのスタンスはそんなに変わったという記載がなかったので、妊娠出産における医師としての思考は妊産婦の思考とは異なるということですね。
そりゃ、医師にスピリチュアルに走られたら困りますわね。

わたしは幸いにして高齢出産になる前に産み切りそうなので、その苦労というものはわかりませんが、やはり合併症のリスクがあがるのがしんどそうだと思っています。
あと産後がしんどそうでしたね。
妊娠してしまえば老いも若きも医師には関係なさそうだなーというのが患者としての印象です。

作中にあった院内助産院、わたしが通っている病院にもできたそうです。
なるべく医療の介入を受けたくない妊婦さんでも、安全管理がしっかりできそうな環境が整っているようだったので、選べるなら自然派志向の妊婦さんに院内助産院をわたしもお勧めしたいと思いました。
助産師がおかしいと感じたら当日でも医師の診察が受けられて、状況が悪化したらすぐに医師の管理下に入れるというのは非常にメリットがあると思います。
妊娠出産は安全性を最重視するべきだと思っているので、個人産院派にも勧めたいですね。

ちなみに、先日の健診で体重管理のためにストイックな食事をしていたらケトン体が2+で怒られました。
助産師さんからは体重管理が完璧で◎!だったので、ここら辺が医師と助産師の違いかな?とも。

本屋さんで平積みされており、気になっていたところ、義父が読んだそうで『子供をもって産め!』といわれてドン引きしていた本です。
それでも、どんな本か読まないことには真価はわからないし!と読みました。

『若い』人口が減ることによる弊害について、時系列に沿って書かれているのはわかりやすく恐怖をあおってきます。
では、どのようにしてそれを打破するかについて、先日読んだ『劣化するオッサン社会の処方箋』がわかりやすいのではないかと思いました。
凝り固まった『高齢者』が増えることが一番の問題なのだと思います。
当然のように子供の絶対数が増えねばならぬ、とも書いています。
子供3人目から1000万円!とか起爆剤として投入してはどうかとの提案、待機児童の多いエリアでは効果を発揮しなそうですが、田舎では効果的かもしれませんね。

そろそろ高齢者は敬われるのではなく、出産可能年齢女性のほうが敬われる時代が来るのかもしれませんねー
ご母堂様とお呼び!みたいな?

めちゃくちゃあおってくるタイトルですよね、新書っぽくて好きです。なんというか様式美。
つまり主題はサブタイトルのほうという認識です。
SNSでわたしの好きな人がお勧めしてたから読んだのです。

まず、タイトルの【オッサン】という表記について、社会で上位の役職を占める男性で本書の【オッサンの定義】に沿う人のことを【オッサン】と呼び示しています。
ここでお気づきだろうか、社会的上位者が【男性】によって占められていることを示しているのです。
非常に日本的な表現だと思いますよね。

【オッサン】についてはさておき、よりよい社会のために人を批判するばかりではよくないというのがよくわかる本です。
自分自身の市場価値を高めることを辞めてはいけない、それが晩年期に大成する術だ、というのが大意です。
大成することが必要ではないと思いますが、死ぬまで楽しく過ごしたいなら勉強を辞めないほうが良いでしょう。
その勉強は座学という意味ではなく、実学も含めるのでトライアンドエラーを繰り返すしかないのかしら。

チェレンジは何かを辞めること、については仕事をキッパリ変えられる人は多くないでしょう。
家族がいるということは、会社にロックされてしまうということを意味しているのが日本です。
共働きなら片方がチャレンジして、というのを交互にできてよいですね。
今の時流はやはり共働き!

グリム童話を現代経済に当てはめて、面白おかしくしてみた話です。
表題の白雪姫やシンデレラなど、本来のお話ではこうだったけれども、主人公たちがこのように動いたならば運命は変わった!という短編集です。
ヘニーペニーのお話は全然知らない話だったため、いまいちピンときませんでしたね。無知は罪深い。

とてもライトな切り口の経済本は最近増えている感じがいます。
こういうの好きだよね〜
ボリュームもないし、サクサク読めるのでとっつきやすさはNo1!

薔薇って綺麗ですよね。
虫がついたりするからお世話が大変だという話を聞きますが、咲き誇る姿は圧巻ですし、惚れこんでしまう人がいるのも仕方がない。
そんな薔薇の紹介本。

わたしがこれとっても素敵だわ!と思う薔薇を作っていたのはデヴィット・オースチンさんが多く、しかも活躍機関が非常に長い。
いったい何歳なのか、そもそもまだ存命なのか、過去の人のなのかと調べたら、昨年末に亡くなってしまったようでした。
あなたの薔薇は本当に素敵!と一筆書こうかと思ったところでこの仕打ち。

日本からの作出品もいくつか掲載されていましたが、どれもふんわりと柔らかい風合いなのが面白かったですね。
著者の好みの問題なのかもしれません。
薔薇園で見比べてみたいな〜と思いました。

薔薇、香水としては苦手なの不思議

この手の本って本当に食べ物がおいしそうに描かれていて、うまいなー行きたいなーという気持ちになりますね。
エリアが全国のため、行けないお店のほうが多いです。
湘南とか湾岸エリアはなんで素敵なお店が多いんでしょうねー!鎌倉は寺院巡りで忙しいので、カフェまでは回り切れないわ…人生が短すぎる。
本郷のあたりも文豪の愛したお店が多いそうですね、昔ながらのクリームソーダとか飲んでみたいものです。
子供がもう少し大きくなったら、一緒にこういうお店でお茶をするっていうのをやってみたい。
夢が膨らむ一冊です。

サブタイトル【フィンランド人はどうして幸せなの?】というのは実はあまり好きではありません。
フィンランド人なら幸せってことはないからです。
メンタルの方向性が日本人には幸せそうに見えるという問題にすぎません。
とはいえ、こういう本はどんな内容なのか気になるんですー

フィンランド、サンタクロースの故郷という記憶しかありません。
オーロラの国でもありますね。
実はヘビメタが好きだとか、そんな小話の本です。
メンタルどうこうで幸せなんだよ〜という本ではなく、もっとのほほんとした、フィンランド良きところぞ。という内容でした。
写真が豊富なので、まったフィンランド気分を味わいたいときに良いです。


PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM