評価:
---
Landkarte
¥ 2,317
(2013-04-13)

さて、最後の二人はまとめてやりました。
順序としては、杏紅→永祥。
ほかのルートをやっている最中、もしかして永祥が全ての鍵を握ってるんじゃない?と思ったため、急遽、彼を最後に。

まずは杏紅。
ストーリーの最初からやると、必ず彼女から始まるので、重要なキャラクターだとは思っていました。
全体ストーリーの中で、彼女の両親がやったことは要ですからねぇ。
その割には、杏紅ストーリーは突然で、あれあれ?ってところが多いのは、女性キャラだから?百合エンドは乙女ゲームでは需要ないってことなのかしらねぇ。百合エンドもうまい具合にやれば萌えるんですよ!

杏紅ルートはやっぱり、彼女の両親についてがメインです。
両親は何をやっていたのか知りたい!と探すわけですが、合間合間に幼いころの春霞の話が出てきます。
永祥だいすき!な彼女なので、彼に大事にされている春霞に嫉妬したり憎悪したり、とても複雑な心境だったんだなーと、しみじみ。
そうだよね、そうだよね。迎えに来てくれて、自分だけが特別だと思ったら、特別なのは別の子で、自分はその子のためだけに用意されたと思ったら、普通はぐれるよね。
ぐれない杏紅は一途かわいい。
気がついたら春霞もかわいくなってきちゃった杏紅かわいいよねー。
でも、いきなりわたしの主になって!はちょっと、えぇぇぇえ!な感じが否めません。
最後に二人が幸せそうなので、なんでもいいかな!符術師同士で契約しちゃうと世界閉じるね。


永祥はなんだかね、いろいろ持っていきやがったよ。
実は僕、こんな設定なんです!のオンパレードでどれもこれも好みなんだよ、ちっくしょう!
美形で一途で排他的な愛を語るド変態が大好きなの!(言っちゃった)
ストーリーは一番ボリュームがあったというか、伏線を次々に暴くルートだからこんなものかな?
主人公が父親としか見ていない人を、男性として捉える、という過程に違和感があるというか、恩義があるから男として考えてみようと思いますでスタートして、あなたは男です!と認識できるまでが短すぎないか?
自分に置き換えて、父親を男とみるなんて無理だよ?
あらかじめ、異性として認識していた描写が欲しかったなー
でも、二人でとわに永劫に幸せになってね!と言いたくなったので良し。というか、永祥に萌えてしまったから何でもいいわ。

実は、公式ファンブック買いましたが、メイン3人分の後日談しかなくてへこみました。
欲しいのは永祥!永祥の後日談ください!
乙女ゲームに関しては、オールキャラギャグでない限り、公式以外での補給をしないので、萌えきらないとツライの。

評価:
---
Landkarte
¥ 2,263
(2013-04-13)

胡白ルートを終えました。
最初からルート開通しているキャラクターなので、後回しにしようかと思っていましたがね。
あまり好みじゃなさそうなのから攻略するのがわたしです。

キャラクターはわんこ系。斜め上から撃ち落とす正統派キャラでした。
恋愛スタートが早くて、しかも、『これが、恋なんだね!』と宣言して『言ったらスッキリした!』とも言う正統派。
ええええ!そんなこと言っちゃう!?走り去っちゃう!?
ちょいちょい、恋じゃありませんよ、使命ですよ!という雰囲気を醸し出しつつ、恋愛ガッツリな彼です。
というかね、主になることと恋愛することがイコールになっているところが可愛い。
思いの外ヒットしている。

恋愛に成ってからのストーリーが長いので、展開がスムーズ。
ああ、だから二人は恋をして結婚するのねー!と納得。
ドラマ化したらいいと思うよ。割りといけるストーリーだと思う。

BADエンディングがないキャラクターなんだけど、ストーリー上必要なかった?それとも製作者側の愛の偏り?
次は洛泉かなー?

評価:
---
Landkarte
¥ 2,281
(2013-04-13)

汪明やったら、翔侠と思ってました。
ビジュアル的にあんまり好みじゃないのよねーと思っての選択だったんですが…思ったよりいい話だった!
というか、汪明やったあとだからでしょうか、伏線が明かされて話も深くなってきましたよ。
もしかしたら、最初から攻略できる汪明、洛泉、胡白は伏線が明かされなくて、内容が微妙になっているのかもしれません。永詳・杏紅は最後に攻略ルートが開通するので、一番最後にしたほうが楽しいのかも?
いずれにせよ、ストーリーの長さや、展開がこっちのほうが自然だった。

内容としては実は、彼はすごい人なんです!という感じでした。
春霞の属性は風。闇にしたら、それはそれで面白い展開になっていたのかもしれないと思うと、試してみたい気持ちになります。
遥かシリーズの勝真みたいな一途純情ボーイなので、10年ごしの恋おめでとう!
10年間思っていても、R18じゃないからキスまでしかできない純情ボーイ残念!(笑)
二人の恋心の芽生え方が割りとスムーズなので、可愛いです。本当にキス止まりっていうのがね(笑)翔侠残念すぎる(笑)

4章BADの出し方がサッパリわからず、攻略サイトに手を出しました。
気づかないよー。代わりに5章BADは考えに考え抜いた挙句、真っ先に出てしまいました。ナチュラルにBADを出す思考回路は健在でした!いらない!


翔侠スチルは全体的に作画が???となるので、汪明と愛の差を感じます。
次は胡白にしようかしらねん。

汪明ルート終わりました。
主人公の性格は、光にしてみました。まあ、一周目はスタンダートな性格の子で、スタンダードな王子様をクリアしたいじゃないですか★


スチルコンプはベストエンディングを迎えれば可能です。
終末一欄は、BADが2種あるので、そちらをとっておかないとコンプにならないですね。
フルコンプは性格別もやらないと行けないかもしれませんが、スチルとエンディングコンプは簡単です。
この選択肢を選んだらBADになるな、というところはセーブしておくのがオススメです。(当然だ)

さて、汪明ルートですが、本当に本当のスタンダードな王子様でしたよ。
王道的な性格。見た目通りといえば、そうですね。
曲がったことは許せない、正義を通すために雌伏ウン年、いざことを成さん!!という姿勢。春霞はそんな汪明と共に強くなりたいと共闘する間に愛が芽生える…!そんなストーリーでした。
王道、ごちそうさま!

ルート割れが早く、恋愛に至るまでが早いので、もっと突っ込んだストーリーが欲しくなります。
というわけで、公式攻略本かうよー!公式による小話が読めるなら買うわ。
汪明と春霞のほのぼのした話がもっとほしいです。ゲーム内だけだと、ふたりで共闘しているうちに仲良くなってゴールイン!でしかないので、もっと二人であたふたのほほんな恋愛話がほしい。

たぶん、きっと好みのキャラは洛泉だろうと目星をつけているので、つぎは翔挟の予定です。
杏紅も攻略対象らしいので、とても楽しみ!百合エンドになるのか、遥か3の朔のようなエンディングになるのか、やってからのお楽しみですね。


4日に再度、プレイを開始して、早5日。早々に飽きてきました。原因は言わずもがな、ひたすら行っているレベル上げです。
9月16日現在、主人公51、真田49、コロマル・美鶴・アイギス48、天田45です。そのほかは、残念ながらレベル40に到達していません。使ってないんですねー
んで、主人公のレベルに合わせたペルソナを所持してタルタロスに挑むと、敵が寄ってきません。片っ端から逃げていきます。待ってくれ!逃げないでくれ!レベル上げに協力してくれ!
どうやら、レベル45以上のペルソナで挑んではいけないようです。39くらいだと敵も逃げないので、もしかしたら、製作者側としてみたら40〜45前後のレベルを想定しているのかもしれませんね。高すぎるんですか…orz
魔術師・スルトは作成できますが、とりあえず、作成していません。する必要がない。

現在、手持ちのペルソナで使っているのは、ディオニュクス、オオクニヌシ、サマエル、ドミニオン、ティターニア、モトあたりです。
雷、炎、闇、光、風、闇属性と偏っていますけれども、何故かモトはマハブフ、マハガル、マハムドが使えます。素晴らしい!
ディオニュクスはマハジオンガ、ジオダインが使えるので、ホクトセイテンが不要になりましたので、新たなペルソナ作成のときに使ってしまおうかと思います。でもなーいいペルソナがないのよね。

主人公がレベル55あたりまでレベル上げを頑張るつもりですが、飽きるだろうなぁ…orz
既に、チームを散会させてプラプラしています。アイテム収集ですよ。一人でだって、敵に挑みますよ。疲労?そうしたら、塔コミュ上げに行くわよ。
月、運命、節制、恋愛コミュを上げます。

さ、4日から2週間は頑張りますヨ。


有休を申請して親知らずを抜きました。腫れて休日に外出が出来なくなったので、ゲーム廃人になってみました。
わたしのペルソナ3は8月の1日とか、そこらへんで止まっていたのですが、一気に押し進めました。
8月の大型シャドウは、すごく簡単に倒れてくれました。討伐メンバーは、主人公、真田、美鶴、アイギスです。おお、敵が柔らかいぞ…!!
この段階では、平均レベル35とか、そこらへんだったと思います。

このシャドウを倒したら、コロマルが味方になりました(´▽`)
可愛い可愛い、ワンコです。キュート!おまけに強い!スタメンになりました。初期装備のコロマルウィングがすごくお気に入りです。戦闘勝利のときも可愛い、たまらん!
可愛いのに、使うシャドウはケルベロス。炎と闇の属性で、ムドとかどんどん使います。アイギスがコロマルを『白い悪魔』といいましたが、それもうなずけます。しかも、コロマルはムドで敵をきっちり倒してくれます。わたしが使ってもなかなか倒れてくれなかったのに…!レベルの差でしょうか。

8月の夏休みはレベル上げを頑張りました。
昼間の生活では、夏祭りは西脇結子に誘われました。この誘いを断って、アイギスと美鶴の浴衣姿も見に行きましたが、声かけをアッサリと無視をされました。わたくし、アイギスにフラれたのがすごくショックです。アイギス…orz
レベル上げは、久々に鳥海…じゃなかった、順平も行いました。チドリとのコンタクトで、順平が戦闘における必須メンバーになるかと思いまして。
天田少年も、そうかと思ってレベル上げしたんですけど、もう、自由に面子を選べるんでしょうかね。
9月はじめのシャドウを倒す頃には、主人公44、コロマル43、真田・美鶴42、アイギス41、天田少年・順平37くらいでした。
常に、タルタロスには主人公以外に3人のメンバーを選べますが、そのうちの誰かが疲労状態になるとエントランスに帰還し寮に引き上げていました。畢竟、主人公は強いので疲労になるのが遅いので、翌日もタルタロスに挑めます。
そうして、疲労状態になったメンツを除外して、クルクルとレベルアップを図ると、あんな感じの配分になります。
コロマル、お気に入りなんです(´▽`)

アイギスの制服姿にウホウホする二学期を頑張りたいと思います。
『わたしの大切は、この人の傍にいることであります』て言われたからには、がんばっちゃうよ…!アイギス、愛してる!

あ、コミュは恋愛、塔を手に入れました。太陽は万年筆を渡せば入手できます。
魔術師コミュはランクMAXで手作りチョーカーを頂いてしまいました。俺、愛されてる…!
法王コミュも次の接触でランクMAXに到達すると思います。
ペルソナは9月に入ってから、ホクトセイテン、サマエル、ケツアカトル、オオクニヌシ、アナンタがお気に入りです。
ちなみに、サキエル装備中に主人公が悩殺され、味方にメギドを発動したときには、見事に全滅しました。同士討ち怖い…

現在9月13日。主人公はレベル46に到達しました。スタメンは平均43くらいです。


フルコンプ!!!!


サーリヤをついに、攻略しました。やりました!
でも、何ででしょうね…悲恋EDの頃の方が、わたしはサーリヤに恋をしていました…orz
絶対に、サーリヤ悲恋EDで盛り上がった心が、他の王子たちをクリアしている間に、冷静になってしまいました。サーリヤのことを冷静な目で見ている…!ああ、わたし、サーリヤに恋出来てないよ!
これは大変な問題でしたが、ラストのサーリヤにはキュン!てしました。
でも、やっぱり、悲恋EDの上手に嘘をつけない、あの優しいサーリヤが好きで好きでたまらないのです。
サーリヤ…やっぱり、一番最後にもぎ取る、美しい果実にしておけば良かったです。今、後悔しています。


さて、全て終わったところで、ガーネットクレイドルの評価でも。
全体的にクオリティは良いです。一定水準以上あると思います。システムも快適で、プレイ中、不自由も不愉快さもありませんでした。
強いてあげるなら、カーソルがウィンドウ上部を掠めるたびに、メニューが開くというところでしょうか。あとは、起動するたびに勝手に一定のところまでボリュームを上げるところ。
それ以外、問題はありませんでした。GOOD!

物語の方が、ちょっと残念な部分はありました。
クロニクル部分で王子となるキャラクターともう少し絡みたかったと思います。リヒトとの絡みがダントツで多かったように思います。楓ちゃんもそれなりにありましたが、トーヤとキイチはもう少し絡みたかった…
それでも、個々のキャラクターの性格が掴めないほどではないので、問題は無いと思います。が、そこでいきなり攻略対象キャラを選べ!といわれても、唐突な気がするもの確かです。
そして、攻略対象キャラを選択したときから、二人の世界に突入してしまうのも残念です。他のキャラも!他のキャラも出して!
キャラ同士の絡みから、より深く個性を拾いたい身としては、惜しいです。
あとは、エンディングに向かう、第3章がほとんど同じ話で、途中から面倒くさくなってしまいました。他のストーリー展開なんて無理だってわかってるけど、もう少し変化がほしかったです。


個人的に引っかかったところは、ファラーシャ。
結局、ファラーシャとサーリヤの関係について、明確に話されることはなかったです。『夢術士 』についても、もう少しだけ説明が欲しかった!
なんとなく、ファンディスクを作るつもりでもいるのかなーと思っています。それが可能なエンディングであり、話のボリュームだな、と。
ゲーム自体はDVD2枚と大きめです。


ちょっ えっ!?

押し倒されたー!!!!!


呆然としました、リアルに押し倒されたよ、押し倒したよ、楓ちゃん!!!
わたし、こんなことをする人だとは思っていなかったのにー!
楓ちゃん…楓ちゃんのばかちーん!!!!
信頼を裏切られた、乙女心は傷つきました。でも、ちょっとブラック楓ちゃんも捨てがたいと思いました。これも、乙女心(笑)



てゆーか、普通、こういう乙女ゲームを攻略していて、『引き止める』か、『引き止めない』かの選択肢が出てきたら、『引きとめ』ますよね?
正解は、『引き止めない』です。
信じられませんよね?わたしは、信じられませんでした。だから、いつまでたっても、何回やっても、なんだか知らないけれど、楓ちゃんのエンディングは、共通BADエンディングしか出なくて、何度も何度も選択肢を変えました。
他に変える所がなくなって、やっとこの選択肢を変えたら、BESTエンディングにたどり着いたとか、信じられませんよね!
ああ、なんていう罠!!!
やってくれるじゃないか…と、遥か3のチモみたいに言ってやりたいくらいです。本当にもう!

楓ちゃんはすごい紳士で、素敵で、こんな人が側にいたら、きっとこの人を好きにならない理由が見当たらないと思います。
いやーこんなに自分の幸福だけを願ってくれる人なんていないよ?
でも、エンディングは白土楓エンディングって言うか、白土兄妹エンディングって感じでした。それに別段文句があるわけじゃありませんよ?
だって、二人ともとてつもなく可愛らしいんだもの。

あ、考えたら、楓ちゃんほど、サーリヤとリヒトが絡まないストーリーはありません。
フルシュ・ジャリードの森で、リヒトに会うこともなく、最終決戦で、サーリヤの手助けが入ることもなく…いえ、サーリヤの手助けは軽くちょこっと入ったと思います。でも、出番が少ないという点では、純粋にナスルオンリー。素晴らしい。
姫を守る、見事なナイトです。

大変満足いったところで、最初に攻略しようとして、攻略できなかったサーリヤに行って来ます!
彼の愛は〜知ってるの〜(´▽`)


爽やか青年…!!!!

キイチ先輩は爽やかだなー、無駄に爽やかだなー(´▽`)
と思っていたら最後の最後まで、爽やかでした。なんていうか、こういう人が相手だと、途中まで手ごたえがなくて不安だけど、堰を切ったように好きだといってくれるのは嬉しいですね。
きゅん!ってする。
先輩に好かれたいー、すごい好かれたいー(´▽`)
純情ボーイ・勅使川原も捨てがたいですけれども、どちらかって言ったら、現実的にはキイチが好きです。
キイチLOVE!(笑)


ストーリーの長さは、多分、サーリヤに続いて長いんじゃないですか?履歴で確認してみたのだけど、一番、長いような気がします。イベントとか、そこら辺のが多いです。
悪いわけじゃないですよ。寧ろ、短いと消化不良を起こすことは間違いないので、長いのは大歓迎です!
まあ、そうでなくとも、若干、急展開ストーリーじゃないかと思うときもあるので、これくらいで十分です。ゲーム内時間は、確かに進んでいるのに、プレイヤーがそれを自覚的ないから、急展開だと思ってしまうのでしょう。惜しい。
あと、どこまでもリヒトが出張ってくるストーリーはどうにかならないか?(笑)
彼がとても重要だというのはわかるんだけど、リヒトがここまで出てくると、ちょっと薄ら寒いものを感じます。
彼、怖い…!!!!!!

現実世界で、多分、一番素敵な恋愛に発展するであろうカップリングはここだと思います。
リヒトもよい漢字にはなると思うんだけど、キイチが一番、爽やかカップリングになると思います。
そうですね、二次創作したら、このゲームは楽しいかと思い始めました。こう、遥か3みたいに楽しい感じになると思う。
美紅が最強で、リヒトが変態で、トーヤがツンデレで…
次の夏が楽しみですね…!!!いると良いな、ガーネットクレイドル…orz


勅使川原…
ノーマークの男に持っていかれました…

好きに決まってるだろー!!!!

ちくしょ!いちいち、可愛いんだよ、ばかっ!
ツンデレって言うか、ツンデレデレデレっていうか、一目惚れとかずるいよ!意識しすぎて、ぎこちないとか、やっぱり可愛すぎて、きゅんきゅんするわけだよ。
夢の世界の方が、喧嘩しないでお前と喋れるとか、お前に好きと言ったときの方がよっぽど死にそうだったとか、この純情ボーイは人の心をガシッと掴んで離しません。鷲掴まれたー!!!
いえ、そんなのもいいかなって…
強いて言うなら、サモンナイト2で、ネスティに『君は馬鹿か!』と怒鳴られるたびに、きゅんきゅんしたのと同じ論理です。
えへへ ときどきS属性だけど、たまにM属性に転向するんだ…!



さて、ノーマーク勅使川原。
行け行けGOGO!押しちゃえ、押し倒しちゃえ!のリヒトとは異なり、ミフターフと学校を行き来しても、もどかしいくらいの進展しかないトーヤ。
お互いに意識しまくってるのはわかるのに、空回っている感じ。
『嫌いじゃない』、好きかと問われたら『違う!』、なんていってる辺りで、大好きじゃないかね、勅使川原。
きっと、最初に恋をするなら、勅使川原がいい。こんな純情ボーイに愛されたいです(笑)

そんなトーヤルートにも出張サービスをしてくださるのが、サーリヤとリヒトです。
もう本当に、どこのルートでも彼らの出番は無くならないんじゃないの?他のキャラとの絡みはちっともないのに!というか、他のキャラはちっとも出てこないのに、彼らの出番は消えうせない。
リヒトは相変わらず、盲愛的に美紅を追ってきてくれますが、そろそろ怖くなってきました。盲愛って言うか、これはもう、ストーカーの域じゃないか…?こんな男に愛されたら、一生飼い殺しにされる…!と思いました。



とりあえず、勅使川原は可愛いので、友人に一押し!と言っておこうと思います。
九朗をクリアしているとき見たいなキュンキュン!した気分になれるよ(笑)


PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM