一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

何度読んでも最初の頃の鈴と祥瓊がしんどくて。
わたしはどちらかというと鈴と思考回路が似ているため、空想に逃げて自分を慰めてしまい、ああ、こりゃいかん。と思い出します。

だいたい同じ年頃の女の子3人の話で、それぞれの境遇は違えど悩んでいる。
わかるわーこんな卑屈になって悩むことあるわーと思うと同時に、他方はまた違う悩みを抱えている。
誰かが一番つらくて頑張っている、などということはないのだと再確認できます。

上巻までではまだ全員大集合にはいたりません。
それぞれがどのように悩んでいるかが、書かれているだけです。
卑しい自分とどのように向き合って、どのように奮起するのか。
わたしたちはいつも己と戦わなければいけないのだよなぁ
それが一番難しいのです。

  • -
  • 17:21
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM