評価:
価格: ¥ 3,564
ショップ: 楽天ブックス

阿部サダヲだし、瑛太だし、楽しいに違いない!と思いながら劇場に足を運ぶことなく終わってしまった映画。
2016年は何してたかなー?と思ったら子育てだったわ!0歳児の!

超高速参勤交代と似た雰囲気を感じるお話でした。
イメージとしては公共事業を地元民か自腹切ってやる。しかし、見返りもないししんどい!お金がない!ええい、お上にお金貸して利息で公共事業やったるわー!わっはっは!!!という感じでしょうか。
こういう話のネックは貨幣価値なので、ちょいちょいこれは現代で言う○○円ですよ、という挿入ありがたいです。
お上がお金をじゃぶじゃぶ作ると貨幣価値が下がるのとか、本当にもう、わかる!!!

未来の自分に借金するクレジットカードとは違って、他者に借金すると返済がキツイですよね。
個人が法人作って国にお金を貸す、という発想もわたしには出ません。
国、お金返してくれなそうですし。上納金とか言われそう。

最後、全然知らなかったんですが、羽生結弦くんが出てきました。
話が仙台藩だからかな?仙台藩の殿様として出演していました。
えぇー!と思いながらも納得です。

  • -
  • 18:34
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Related Entry
Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM