評価:
価格: ¥ 1,512
ショップ: 楽天ブックス

自分でもなんとなくは気が付いていたんですが、短編集ってあんまり好きじゃないんですよ。
うわーん、もっと続きが読みたいよー!と思っても、ページが切り替わって新しい話が始まってしまうので、意識が次のお話に向かってくれないんですね。
そうして、意識が新しい話に行ったと思ったら、また次の話が始まってしまう。
短編集とわたしの相性はいまいちです。

というわけで、この本は短編集でした。
一人称で話が進むものだから、最初は時間軸の違う別のはなしかな?とも思ったりもしましたが、やはり短編集でした。
設定もあったんじゃないよ!というくらいファンタジーな内容もあり、あっさり読めるお話です。
新井素子という作家の本をこれしか知らないので、長編だとどんなお話を書くのかな?という興味はわきました。
これだけ読んだらライトノベル系?ティーン向けかな?と思ってしまうじゃないですか。

テーマ偏愛だったそうなので、それを意識して手に取ってみてはいかがでしょう?

  • -
  • 13:31
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM