そういえばなーと思って2014年の子供の出産時の備忘録。
もう5年も前ですけども、記憶が混在しないうちに。

わたしが利用した病院は無痛分娩は計画分娩。
大体週2日くらいやっているので、そこから40wに近い日を先生が設定してくれます(わたしは39w3d)
あらかじめ説明を受けたスケジュールはこんな感じでした。
予定日前日入院、子宮口5cmくらいになるまでバルーン(ラミナリア)を入れる、夜から絶飲食。
予定日8時〜促進剤投与、9時〜麻酔投与、夕方以降に生れる見込み。


では、現実を。
39w2dで入院。子宮口2cmとのこと。バルーンは16時くらいに挿入。特に痛みはなし。
18時に夕食、股に違和感があってモゾモゾ。
21時が消灯、股に違和感があって頻繁にトイレに行く。
日付をまたぐ頃、分娩室から響くうめき声に慄きながら、これは陣痛じゃない?という4分間隔程度の痛み。
痛いんだけどトイレに頻繁に行く、なんか出そうだったんだよね。
Twitterしながら痛いよー陣痛かなぁと思いながら痛みに耐える。

4時頃、痛みの感覚は相変わらず4分程度だが、ベッドの策をつかんで深呼吸でどうにか痛みを逃すのに限界を感じてナースコール。看護師さんがやってきてお腹の張りをチェックするなり急いで分娩着に着替えるように指示。分娩室に移動。
6時頃、診察の結果、子宮口4cm、陣痛間隔4分、浣腸をされてトイレに行く。
7時頃、当直していたらしい麻酔科の先生がやってきて麻酔を入れてくれる。
麻酔の針が痛いという話も聞くが、陣痛でそれどころではない。クッションを抱えて体を丸め、動かないように指示される。陣痛の波の合間に入れてもらった。
わたしは右側の効きが良く、左側だけ陣痛を感じる、という不可思議な事態に。ゆっくり聞き始めて陣痛とサヨナラした。
7時半頃、夫到着。

9時頃、わたしより進みの早い妊婦さんが出たため、分娩室からベッドに戻る。
陣痛は順調のようでずっと4分間隔くらい。胎児が降りてきやすいよう、胡坐をかいて乳首をマッサージするように指示される。
前夜寝ていないため、少し寝る。
15時頃、子宮口8cm、人工破水。
ここから9cmになるものの、なかなか進まないまま20時になる。陣痛はずっと4分くらい。
分娩室に移動して様子見、陣痛ペースを上げるために促進剤投与。2〜3分間隔になる。
麻酔の効きの問題で左の骨盤あたりが猛烈に痛くなってくる。夫にさすってくれという。

ハッと骨盤に何かがはまっている感覚がある。先生にその旨を伝えると『発露!』といってバタバタし始める。
つまり胎児の頭がもうガッツリ見えてた。
夫、どんなもんかと見に行く。髪の毛が見えるといわれた。
22時頃、よくある分娩スタイル?M字開脚みたいな感じに変更。
もうあとはいきむだけだったようで、NSTを先生が見ながらいきむタイミングを指示される。普通に張りはわかったので、そのタイミングでいきむ。というか腹筋に力を入れる。
22時30分くらいに出産、いきんだ回数は5回くらい?余った促進剤は子宮収縮のために投与。
会陰切開はなし、膣に細かい裂傷あり。

以上。
出血は中量だったらしいです。
いろんな無痛分娩のブログを読んだけれど、陣痛が先に来て、ほとんど促進剤を使用しない例は見当たらないですね。

  • -
  • 17:38
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM