コウドノリのモデルになったお医者さん本です。
妊娠出産って女性なら誰でもできることなんでしょー?と思っている人には読むべき本です。
当たり前に行われていることが、いつも隣に死神を立たせていると気づくことができるかもしれません。
ダンナさんは奥さんの体がどのように変化してくのかを理論で理解できて良いと思います。
男は共感性が低いとか、感情でもの云々を取り払い、医学的な見地から妊娠出産のリスクと奇跡を追うことができます。

といっても、この本を手に取るような男性は元から妊婦に優しそうですけどね。

先の内診台から〜でもそうですが、医師は出産は安全を選んで産院を選べるのだから、自身の選べる最も安全な分娩を選択してほしいと訴えているように感じられました。
無理して山にこもって産む必要とかはないですしね。
NICUは最低でもあってほしいなーと思うのが、わたしの出産に対する思いです。

妊娠中に仕事をしていると、通勤中のあの無関心さは良くないなーと思います。
他人を思いやる余裕、もう少しだけほしいですね。

  • -
  • 13:38
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM