一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

全部無事読み終えました。
後半が産後すぐの発売日と知って絶望した臨月。
読まねば育児に専念することさえもできないと思って、寸暇を惜しんで頑張って読みましたよ。夜間の授乳が辛かった。

泰麒が戴に戻ってからの話。
驍宗様はそもそもまだ生きているのだろうか。というところからのスタートでどれほど心配だったか。
それっぽい人物があればもしや!?と思いながら読みましたとも。
焦ったい前半を超えて、後半の絶望に次ぐ絶望。深い恐怖は実際に戴に住む民だったらそれだけで死んでしまいそうです。

以下ネタバレを考慮しません。
阿選がなぜ立ったのか、それについては嫉妬であると周囲は認識しているが、泰麒は論外としていますね。
本人も嫉妬ではないとしています。では、なんだったのだろうな、と。
嫉妬に駆られて奪い取ったのならば、なぜ、玉座を6年にもわたって放棄したのかよくわかりません。競うことが目的で、お前よりも上だ。と示したかっただけなのだろうとわたしは思っています。飼い殺しにするつもりだったというから、そうなのかな、と。
だからこそ、麾下の誰にもいえなかった。
大義もなく、誰も納得し得ないと思っていたのではないかな、と。結果ひとりで立ち、麾下を置いて行ってしまった。麾下の誰しもが、本当は声をかけて欲しかっただろうに、と思うと悔やまれてならない。
同時に、どこでそこまで道を踏み外してしまったのか知りたいと思いました。
自分に都合の悪い人物を傀儡にするのはまだわかる、しかし、麾下を傀儡にする必要はあったんだろうか。
完全に傀儡にしてしまえばもう戻らない、信頼してついてきてくれた、共に過ごしてきた麾下を殺すと同義の行為を躊躇いなく行うその心。一体、いつ、阿選はその深淵に踏み込んでしまったんだろうか。

一方、泰麒の強い心というか、自分が蓬莱に行ったがために始まり、十二国に戻るために引き起こされた厄災に巻き込まれた人々を思い、強く保った心が辛い。
自分のために流された血に贖うためには守られてばかりはいられない、戴のために戦わねばならぬ。その決意。
お前は本当に戴の麒麟だな!と思いますよね。

最後まで浪燦については深く触れられておらず、阿選を唆しながらも、王は驍宗様と断じていたのは何がしたかったのか。
もしかして、当初の飼い殺し路線ならいつでも助けに行けるから、大逆があったときの天の反応を見たかっただけなのかもしれない。
好奇心は猫をも殺すというが、この場合はどうなんだろうか。
彼女のその後が気になるので、ぜひ、短編集では触れて欲しいのだが、多分触れることはないんだろうなぁ

最後、ハッピーエンドで本当に良かった。
そういうときは生きている人数を数えるんだ、の言葉に生きている人と強く生きようという意志を感じ、戴万歳!と両手を上げて祝いたい。
短編集の発売が楽しみです。

  • -
  • 12:25
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM