わたし的神が、再び降臨なさったとしか考えられない。
この高揚を、一体どうやって、一体誰に、どれだけの思いを伝えればいいのかわからない。
かれこれ始めてプレイした時から1年は経とうとしていますが、未だに他のフリーゲームをやっても、これに敵うものなんて無いと思っています。何でこんなに良いんだろうと、ずっとずっと思っています。
今でも、ときどき起動させるし、自分のプレイメモ(最早攻略方法だよ)を参考に狙ったエンディングに向かっていく時もあります。

これを機に、再び「緋色の記憶」ユーザーが増えると良いよ。
恐らく、「緋色の欠片」より、プレイ済みなので中身が保証できる。ああ、もう、本当に嬉しすぎてどうしよう!

  • -
  • 02:06
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM