木原敏江の『摩利と新吾』を知っていることが、大前提の話だと思います。
え?わたし?もちろん、知っています。内容は、ごくごく普通の青春物語です。えぇ、もちろん、立派なボーイズラブでもあります。何か問題が?
わたし、ここら辺の人たちがすごい好きなのですよ。
少女マンガなのに、無駄に吹き出しに台詞が詰まっていたりね(笑)それに、時代がかった動きがすごい好きです。そう、宝塚めいているのです、話の構成とか、口調とか。
ちなみに、今、一番狙っている小説は、『トーマの心臓』です。書店で、まじでぇぇぇぇぇぇえ!?と、見入ってしまいました。ときめき、でも、見たいような、怖いような…それでも、読まずにはいられないファン心理。
わたし、萩尾望都のファンなんです(´▽`)


今回、この話では、前記の漫画の舞台に、女学校が追加されます。おお、これは男女の恋愛!
きゅんきゅんしちゃいました。一番可愛かった男の子は、絶対、白菊丸くんです。もー、なんなのこの子は!可愛いナリして、中身はすごい日本男子でした。しかも、いじらしい…
ああ、わかるよ。『あなたがそれを望むなら』そんな言葉を言えちゃう、白菊丸くんの愛の深さに、キュン!なのです。
でも、ロリショタの人間じゃないので、悪しからず。

女の子は、松の君がすごい可愛いです。八千代…!
摩利の、心底、ひどい扱いに耐えるというか、わかっていながら、『あなたが好き』と言って留学の決意をしてしまう熱意!
ほらほらほらほら!摩利、お前にその勇気があって!?男ってそういうところでの、踏ん切りがないのよ。女は度胸です。きっと、彼女と結婚したら、尻に叱れることになるんだわ。
松の君が、いつかいつか、幸せになれる日を心の底から願っているわ!


で、白菊丸くんといえば、名前だけ、別の漫画にも出てきました。
ちょ、まっ 彼がこんなにも可愛いのは、こっちの漫画の影響ですか!?と、思うほどです。残念ながら、出版年月日は、どちらが先かわからないので、関係があるのか、無関係なのか調べる手立てがありません。
とりあえず、久々に、昔懐かしい『少女マンガ』を読むと、すっきりします。
また今度読みに行こう〜(´▽`)

ちなみに、欲しい漫画は『11人いる!』と『続・11人いる!』です。

  • -
  • 23:50
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM