タイムラグのある記事です。
えーっと、確か、12日にみました。11日にディズニーに行ったので、そのつながりで、なんだかディズニーアニメが見たくなってしまってね。
見たことがないやつが以外にあってビックリしたんですけど、プリンセスシリーズはほぼ網羅している辺り、わたしも女の子なのですね(笑)『眠れる森の美女』がもう一回みたいです。我が家にあるのはビデオなので、再生機器がない…orz


ピーターパンを読んでいると、妖精というのは、赤ちゃんの最初の笑顔によって誕生し、誰かが『妖精なんかいない』というと死んでしまうそうですね。
ディズニーアニメのピーターパンでは語られていなかったと思いますが、実写版(ジェレミー・サンプター)と小説では書かれています。設定的には、そうなっているらしいです。
とりあえず、『妖精なんかいない』と言ってはいけません。妖精が死んでしまうから。

そんな感じで、ティンカーベル誕生の話です。
タンポポの綿毛に乗って、フェアリーランドへたどり着いたティンカーベルのお話。ピーターパンとの絡みは一切ありません。あっちでは喋らないのに、こっちでは喋る喋る。ティンクといえば、ジェスチャーで思ったことを伝えるという印象がありましたが、すごいおしゃべりです。
まーじでー…
正直、わたしはティンクは喋らなくても満足していたのかもしれません。

そして、今のディズニーアニメって、ヒロインが歌ったりはしないの?
歌うのはプリンセスシリーズだけなの?なんだか、変な感じがしました。
でも、ディズニーらしく、ハッピーエンドで楽しいです(´▽`)誰も不幸にならない結末って良いよね!

ピーターパンとの絡みはなかったですが、まさかのウェンディとの絡みはありました。
ティンクって…ティンクって…
少し、謎が深まりました。

  • -
  • 22:50
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM