まじやべぇ、まじやべぇよ、これ。
何度やっても、どれだけやっても、関さんの話にはキュン死にしそうなんだよ…!きっとこの人は、わたしの心臓をキュンキュンにして殺す気なんだよ…!
胸がキュンキュンしすぎて、張り裂けそうです(笑)
てゆーか、無駄にエロイです。いっつも思うけど。

一周目は気合を入れて、叡峻をクリアさせていただきました。
最初は、興味のなかった坊主ですが、ちょっとずつ接触を繰り返すと、ただのツンデレだというのがよくよくわかります。もう、主人公のことを愛している。とてもとても愛している。たとえ、ロリコンの腐れ坊主でも、主人公を愛してる。
普通に考えて、坊主が少年に手を出したら、稚児趣味って言うんですよ…!
でも、デレデレしちゃう。

ベストエンディングルートに入ると、叡峻がエロイです。一番最後のエンディングで、主人公に手を出します。ここら辺のやり取りに、気恥ずかしさを感じます…
うーん、そこはかとなく、発言のそこかしこに相方から聞いたことのある言葉がチラホラ…?それがいっそう、気恥ずかしさを増させてくれます。ああ、やっぱり、叡峻はくされ坊主なんだわ…!
しかも、最後は、これ以上はまずいと思って家に送ってくれます。最初は、泊めてくれるっていっていたのに、とんだ狼さんなもので、追い返されてしまいました。ここらへんはちょっと優しいけれど、その手前の行為のせいで、叡峻は意外に手が早いのだと認識しました。

それはともかも、『おまえはただ息をして側にいれば良い』というのは、とんだプロポーズですね!わたしも言われたい…叡峻に。
エピローグではヤシロと主人公の争奪戦をしています。
主人公を、ひたすら存在だけで愛らしい、愛しいといってくれる叡峻が好きです。
遠都帝の前で、少年に向かってベロチューしちゃう男ですが、わたしは好きです。
関涼子作品で、嫌いな男などおるものか…!!!!


友情エンディングルートでも、叡峻はしっかり遠都帝の前でベロチューかましてくれますが、それもご愛嬌。
エピローグでは、相変わらず主人公への永遠の愛を誓ってくれています。ときどき、愛情エンディングとの差は、主人公が一緒にいて永遠の愛を誓っているか、側にいないけれど永遠を誓っているかの差としか思えません。
これを友情エンディングというのなら、世の中の友情には、もっと愛が溢れていてもいいと思う…!

攻略は、まだ、一周目で情報があやふやなので割愛します。
今回は、叡峻が出ているから、彼のイベントとは限らないので、ストーリーを見て、再度確認します。
現段階では、六朗太と大人、刹希、尚正のストーリーが絡んでいるように思えます。もう少し、ピンポイントに絞れるようになたら、個別にのせます。

  • -
  • 00:09
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM