ゴルチェ、『クラシックサマー2011』


これ、本気で買おうか迷ってるんですよね。
ゴルチェのクラシック自体、わたしは相当好みです。甘い、とても甘いバニラの香り。
そして、とてもクセのある香り。明らかに、好みが分かれると思います、スパイシーなのに甘い。
そこが好きだけど、嫌いな人は嫌いだろうな…

そんなクラシックのライトバージョンがサマーです。
サマーを肌にのせて試したのは、今年が初めてなのですが、シリーズ物にありがちな『例年似たような香り』のようですね。エスカーダとか、わたしもそう思います。トップのニュアンスが違うだけで、ミドルから先は違いを大して感じられないとか。
でも、最初に出会ったサマーは良い香り。

わたしにとって、良い意味でクラシックの甘い香りがサマーにも引き継がれています。
そうです、あのクセのある甘い香りがね。
ウキウキしながら香りの変化を待ったんですが、変化はしないんですね。というか、ゴルチェクラシックだ!あの甘い香りだ!と思っている間に、スーッと姿を消してしまうんですよ。
香りがパッタリと姿を消すんです。
持続時間はだいたい3時間程度でしょうか。これは物足りない。オリジナルのEDTだって5時間は余裕で持つよ!

と思ったら、サマーだからなんですね。
サマーなのに、あんなにガッツリ香っては問題ですね。
そのための100mlのワンサイズ展開なんですね。


そうそう、ボトルは今年はタトゥーをイメージしているそうです。
くびれをむんずと掴んで猛プッシュしてやりたいです。本気で良い香り!

  • -
  • 23:56
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM