俺は、節操のないヤツだから、満月の夜に生きていないヤツを選んじゃうんだ。
でも、昼も夜も、ずっと、お前で頭がいっぱいだから良いんだ。


念願のレナートです。オーヴァードやっていて何が枯渇していたのかと思ったら、レナートのぐずぐずに甘くて優しい痛みでした。
心の底から寂しい、悲しいと叫んでいたレナートの痛さと、優しくしてやりたい、愛おしくてたまらないんだ、と言った彼の、ぐずぐずに甘い言葉が足りなかったのですねぇ…


そのレナートを追いかけて一日。
かれこれ一年位前のメモを元手に進めていたんですが、レナートの攻略方法変わったんでしょうか。以前と同じ方法でやったら、ED2に化けました。おいおいおいおい、全てのイベントをこなしたにもかかわらず、イベント達成率が94%ってどういうことだよ。
前だったら確実に100%だったはずなのに、どういうことだよ。わたしはかつて、このやり方で、レナートとホルシードに向かっていたはずなのに!あまりのショックに攻略サイトに飛んでみました。そうしたら、やっぱり変わっているんですね。呆然としてしまって、言葉もありませんでした。
いや、いいんですけどね、レナートのED2大好きだから。別に、ベストエンディングだけが全てじゃないし…orz

そのED2だと、まやかしでもいいから、縋って好きだと言われて興奮した。というレナートの歪みっぷりが好きです。最後の最後で、好きだ、愛してるを繰り返す彼が好きです。
優しくしたい、愛おしい。けれど、恨みを果たさずにはいられない。矛盾を抱えながら、どうにか願いを叶えたい彼が可愛いです。
かすんで消えていくスチルは神です。涙が出る…
レナート…orzorzorz

別に、帰りたいなんて今更思っていないので、ずっと一緒にいられたらいいのに、賢く身を引かなくたっていいのに。醜く縋って、神に祈ってでも一緒にいたいのに。
レナートが消えたらいいなんて思ってない、ルツを一人残して帰りたいなんて思ってない、シグルドは優しすぎる、イーヴリンはもっと自分の為に行動していいのに!
思えば思うほどに、悲しくなってきます。

ED2は友情EDとか言っているけれど、これがBADEDにしか思えない。通常EDの方が、まだすっきりですよ。まあ、ヴェンツェルの通常EDはいろんな意味で度肝を抜かれます。俺を置いて、楽しそうなカップリングを作り出すな。
俺を混ぜろ!
あの二人の関係は、どちらかを攻略していればすぐに分かるんですけど、ずるいずるい!真ん中でいいから、混ぜて欲しい!


とりあえず、イベント達成率94%というところを見ると、イベント自体が増えたわけではなく、選択肢が変わっただけのようなので、再度チャレンジしてきます。
セーブ機能がないのが悔やまれますね…最初からやり直しです。失敗したら、成功するまで繰り返します。
今度は、同時攻略のお供をシグルドに切り替えます。



続きを読む >>

オーヴァードクロックで思うように帯刀先輩が、攻略できなくなったので、潤い(?)が欲しくなり、再びこちらに着手。
レナートを攻略したいんです。前もクラウスを攻略し忘れていたような気もしますが、レナートを攻略したくてたまらないんです。二人で一緒にホルシードまで行きたいんです。
ただ、それだけなんです。
ついでに、最近の萌え傾向を一言で表すなら眼帯で良いと思います。右目に眼帯に最高に、ときめくのです。ライも大好きですが、伊達も好きで、レナートは思い返せば思い返すほどに愛しさが増します。古くなりますが、夏侯惇も右目眼帯ですね。
本当に眼帯萌えで良いと思う。ライは今一番ですが。

今回は、前回のメモと記憶があるので、割と効率よく話が進んでいきます。
が!一日目、二日目のメモが消失しているのに気付きました。ないんですよ、とりあえず、ルツとレナートの二人のベストエンディング以外は狙っていないので、朝と昼の森でルツを探し、夜の路地裏をうろつけばレナートに会えるからいいんですけど…
しかし、こんなにも同時攻略に神経を使ったのは久々です。
といっても、まだ四日目にいます。そして、実は三股狙ってましたが、遂にシグルドもイベント落としました。流石に、森でルツのイベントを起こしてから、広場でイベントが起きてしまっては間に合いません。悔しいですねぇ…
なので、シグルドはED2かなぁ・・・割と、全員のED2は綺麗にまとまっているし、レナートなんて特に切ないし大好きです。ルツのED2は、ルツが可愛すぎて帰りたくなくなる。お前を一人になんてしない!!そう思います。

レナートは早く主人公をメロメロにしてしまわないかワクワクしています。
術中にはめ込んで、クラリクラリとしているところを絡めとったつもりが、すっかり自分が絡め撮られちゃったー!なレナートが早くみたい。
最後の晩の、墓地イベントが大好きです。本当に苦しいのは、レナート、お前じゃないか。

オーヴァードでは少年姿、お前本当に吸血姫なのかよ!のスティラルカ・グルラ・ハーンは小さくても、大きくてもキャラクター自体は大して変わっていませんでした。
あの考え方、「浅ましい」といった彼の言葉を忘れたりしない。
あとで、もう一度スティラルカを攻略しなおして、確認するのも手かもしれません。

12月くらいから、少しずつやっていました。すっごいがんばっていたんですが、うまくイベントが起こせなくて…高階にすごい苦労しました。
はい、高階クリアです!


結構、笑顔が気持ち悪いな。というのがわかるようになりました。アリスのエースも見た瞬間に、うさんくさい!と一刀両断にしました。
ので、こいつは、絶対にこの通りのキャラであるはずがないと思っていたら、まさしくそうでございました。途中で、にこやかな笑顔が失せた表情が…!冷ややかな目線に身体を射抜かれて、どっきどきですよ。
これが、あの高階だろうか。見間違えただけだろうか。虫の居所が悪かっただけだろうか、と逡巡しましたとも。怖かったー!
体育館で犯されるかと思いました。
けれど、高階の悲壮な声(ボイスはありません)に、ちょっと胸が痛み、犯されそうになったことを軽く帳消し。
きっと、お前にだって悩みがあって、作り物めいた笑い顔を見せるくらいなら、吐き捨てるような言葉の方がいい。体当たりで当ってこられた方が、対応できる。ずっと、感触のないものを相手にしているようで怖かったんだ。
よかった、お前が俺に、本気でぶつかってきてくれて…


じーん、とします。
6日目は彼を選択すると、それで全てが終わってしまうのですけれど、ス●トロに高階が目覚めて、挙句の果てに尿●攻めにまで目覚めたりしないかと、ドキドキしながら待っていたんですが…さすがになかったですね!
考えてみたら、ケータイゲームなんですよね。しかも、厳しいiモードですよ。あるわけないよねーorzorzorzorz
ひっそり、途中で目覚めないかと、終わった今でも期待しています。


エンディングは可愛かったです。
主人公がとってもツンデレ。名前で呼んでも良いですか?という質問に、恥ずかしいから嫌だ。ですよ。
ハァハァ か わ い い !!!
俺も寛人って呼んで良いから、恥ずかしいの我慢するから呼んで良いですか?とかいってたまらぬ!そのうち、二人で名前呼びあってるんですよ。しかも、一つ屋根の下ー!
きゅんきゅんする。そもそも、高階の笑顔に心がときめく。きゅんきゅん…!
にっこり笑って、先輩って言われたら少女漫画のように、きゅん…!てするよ、きっと。わたしは、きゅんきゅんしてた。
キスして良いかの了承は、するよって合図〜


もーすごい可愛かった。
高階最初はちっともこなかったけど、6日目に素直じゃない所を見たら、陥落しました。
まっすぐに表現できなかったから、あーしていたんだね。直球勝負されたら、ときめきました。
次は帯刃先輩攻略してきます。

貴様、チャームポイントの紫の髪の毛はどうしたんだ!!
月を重視してみたり、地脈がどうのこうのというから、ぼくわたの世界をチラチラ思い出しては、黒髪のキャラクターなんぞいなかったと首を振り、ヴェンツェルがこんなに可愛げがあるわけがないと否定。
それが、なんと、お前か…!スティラルカ・グルラ・ハーン!!!(前半省略)
本当にもう…法術だとか、なんとか・・・言葉の端々にいやらしさが見えたのはスティラルカだからなのですね。普段ご飯食べないのも、ヤツがスティラルカだからなのですね!
この衝撃は「ぼくわた」ユーザーでばければわかるまい。ああ、びっくりした。

さてさて、スティラルカの衝撃は戻っていった月に託して、叶先生クリアです。
どうも、今度はきっちり愛情EDが迎えられたみたいです。失敗すると、あの7日間のことは忘れてしまうのでしょんぼりです。あのような寂しいエンディングはもう二度と迎えたくないです。
先生は7日目の一番最後のイベントで名前を呼んでくれます。それまでは苗字なのでジーンとします。いいね、ホモゲームって楽しいね!(恥らえ)
そもそも、先生にどうしたいかと聞くと、そばにいたくて、一緒にお茶をしたくて口付けたいのだそうです。率直さが愛しいと思うのは、きっとわたしだけじゃないと思う。しかも、涙がまあるい結晶になるとかいって素敵過ぎる。
歩く人外魔境めっ…!

エンディングの時に、先生は何者?という問いをするんですが、結局答えてくれませんでした。代わりに、「お前の恋人になる叶東海」と返答してくれました。
ええい、余計に恥ずかしい…!
一人でケータイを目の前にキャーキャーいいながら、エンディング鑑賞。
とりあえず、6日目、スティラルカに縁を選べといわれたところにセーブがあるので、また見ることも出来ます。このセーブっていいね…!常に同時攻略しなくてもいいんですね…!
あとで、もう一度見ます(´▽`)



ダウンロードしてから一体どれだけの日数が経過したのでしょうか。考えたくもありません、こんなに一周に時間をかけたのは初めてです。
やっと一周終わりました。やっとです…!ゲーム内時間にして7日分をこんなに時間をかけてやりました!本当はもっと早くに、もっとスピーディーに勧めていきたかったのですが、やるだけの余裕が無かったのでこれだけになりました。
一応、どんな時間に誰とどこであったかのメモはぬかりありません。
で、結局、一周では誰も落とすことが出来ませんでした。誰がどこにいるか想像がつかないままウロウロしていると、様々な人に会える代わりに、誰もイベント達成率が80%を越すことが出来ませんでした。
信じられない…!

因みに、6日目に謎の少年がやってきて、縁を選ばないといけません。と、言われたのは覚えているんですが、なぜか、そのセレクトが叶先生になっていました!
ここ、ここがとても衝撃です。叶先生は、わたしが一番遭遇率の低かったキャラクターですよ。よりにもよって、偶然の名の下に縁を結んだのがこの男…!どんなミラクルが発生してこうなってしまったのか…
でも、7日目の叶先生は、わたしのツボにものの見事に嵌ってくれるキャラクターでした。
まっすぐで愛しい。愛しいとズケズケ言ってくる姿が愛しいです。可愛いな…!
次こそ、誰か一人のエンディングが見たいです。

テストも終わったし、プレイするぞ!
一夜怪談はこれが終わるまで購入できそうもないです。

サブタイトルは、「誰がために鐘はなる」です。ちょっと昔の映画のタイトルですね。
昨夜、その存在を知りまして、迷った挙句にダウンロード。こんなお金のない時期に、こんな切羽詰った時期に余計なものを購入したような気がしますが、きっと気の迷い。
ソフト一覧を開くたびに「歪みの国のアリス」が山のように現れ、その上ですね「オーヴァード・クロック」があります。
が、なぜか知りませんが、「ボーイズラブ」とタイトルには書かれています。何でなのでしょう?何にも設定していないんですが、そこはかとなく恥ずかしい思いでいっぱいです。
他人に、このページは開かせられません。ちょっと軽い羞恥プレイ。

まだ、ゲーム自体は進められていないので、やっと2日目に到着しました。長いです。流石は、「ぼくとわたしの恋愛事情」と同じ作者です。一日が長い。
結構、色々行動できるんですが、スキップという機能はないので、何週かプレイすると辛くなってきます。現に、「ぼくとわたしの恋愛事情」では全てのキャラクターにおいて、ベスト、友情、通常エンディングの全てを見ることを放棄しました。何パターンあるんだかわからなくなったくらいです。

主人公の名前は可変なので、色々、名前を考えて楽しませていただきました。
ちょっと気になるのは高階のセリフがピンク色ということ。初登場時に、え、なんで?と思って以来、ずっと思ってます。彼の頭の中がピンク色だから、こっちもピンクなんでしょうか。
肇先輩はむっつりに見えます。シグルドっぽい。
二見は爽やかに見えます、槌谷は今、眼中にありません。キャラがつかめないので。
大塚は意外にハマるかもしれません。ツンデレとツンデレの組み合わせに見えます。なんか、うん、かわいい。
叶先生は某魔法学校の、えーなんでしたっけ、蛇を贔屓にしている魔法薬学の先生でしたっけ?それに似ています。イニシャルS・Sですよ。うわ、懐かしい。
高階はワンコ攻めです、きっと。

ようこそ、Docomoへ・・・!

結構前に、auユーザーの友人がやっているのを、やらせてもらったことがあります。なんか、面白いというか、ケータイなのに、イラストのクオリティは高いし良かった。それに、時々バイブで恐ろしさが倍増…
いや、ホラーゲームだから、それはとても素晴らしいことですよ。
とりあえず、今は3章まで進みました。セーブはいくつも持てないので(ぼくわたもそうでした)、過去は振り返らず、選択肢は正のか間違っているのか判別付かないまま、突き進んでいます。
あんこは、つぶあん派にしてみました。すみません、こしあんが大好きです。
ちょっぴりストロベリージャムパンにときめきました。こんなのきっと、わたしだけ。と思いながらも、「食べて!僕を食べて!」と喚く彼等に、ときめきが止まらない。
廃棄くんも良かった。それも含めて、ストロベリージャムパンはいい…

すでに友人がエンディングを迎えているのを見てしまっているので、シロウサギが何者かとか、うっかり知っているのですが、どこがどう展開して、ああいう結末を迎えたのか気になります。
楽しみすぎる…!

随分とご無沙汰ですが、着実に進めてはいました。頑張っていたんですよ。
で、今回はヴェンツェルとリスルゥです。

リスルゥはウロチョロしていると、不思議と出会い続けていたので、見知ったイベントばかりで…でも、話の取りこぼしがないと、一体どういう展開だったのか良くわかって、リスルゥが可愛らしくて仕方ありません。
にゃんこを飼いたくなります。台詞の逐一が破廉恥なのはヴェンツェルが破廉恥だからです。きっと。

ヴェンツェルはツンデレどころか、ツンツンデレという感じか。態度が柔らかくならない。それでいて、独占欲というか、子供染みた愛情表現があって、ニマニマ。
とりあえず、属性はM 嗜虐心というものは多大に持っているので、局地的なS 基本ステータスは誘い受かな。と思います。主導権は主人公には無く、常にヴェンツェルが握っていると思う。恐らく、誘ったら受けて、それ以外は基本的に攻め。ああ、わたしの中で唯一のリバーシブルですよ。
学園ヘヴンの西園寺は断固として攻めを主張します。

次は7月に追加されたイベントを見て、そろそろお終いにします。

7周目、ストーリーに鮮度がなくなって久しいです。でも、頑張ってます。
クラウスルートは三度目の挑戦、エマは二度目、レナートは回数を数えるのも面倒になりました。かれこれ4回はやっている気がします。どれだけレナートが好きなんだろうと思いはじめました…いい加減、同時攻略のお供に彼を入れるのはやめようかと考え始めました(遅い)

一番気合を入れていたのはクラウスでしたが、途中からアレクを頑張ってました。なんだか、可愛い子には気を取られっぱなしです。ルツは前回に引き続き、同時攻略のお供ではありませんので、彼に憩いを求めました(マジかよ)
そんな彼はイベント達成率70%でした。これ以上、彼がどこに出没しているのかは分かりませんでした…が、エンディングは出ました。
アレクだけ甘いのかどうなのか分かりませんが、色々と裏舞台を知った気分です。エンディングやシグルドへの対応を見ていると、アレクの属性は明らかなSですね。王様になったその後の展開を一人で妄想するに、楽しすぎて仕方ない。飴と鞭の使い分け方、涎がこぼれんばかりですね。

エマは非常に可愛らしかったです。あのペンダントの正体に背筋が寒くなる思いですが、エンディング後にも彼は居たので、一安心です。もしや、レナートと一緒で片目は眼帯ですか?
ついでに、あの子供は二人の?

イベント数は多かった…クラウスが現れるイベントをなるべく全部こなしてみました。ここまでやる必要はなかったんじゃないかというくらい、頑張った見ました。もう、彼はやらない。
話は友情と殆ど変わりなかったですが、お持ち帰りでした。あの男は向こうの世界で一体どうやって生活しているのか気になります。シグルド、ルツの時もそう思いました。
さて、そんな彼は黒と言うより灰色、属性は若干Mの9割Sだと思っています。
最近すごく大好きなアレをやってくれそうな順位的には3番目。もちろん、一番やってくれそうなのはアレクで二番目にスティラルカ、四位にシグルドです。
一体何かというのは、メロに覚えられるわけにいかないので黙っておきます。

で、無関係ですが、スティラルカはリバーシブルとか言ってますが、快楽主義と思われるのでM要素はない、通常Sと信じています。
シグルドはいたって健康的で、いろいろなことが知りたい青年。
イヴァンとルツには、そっち側には行って欲しくないなぁ…

六周目はユエエンディングになりました。
エメラルドグリーンのヘルメットに目が釘付けです。スティラルカとルツ攻略の際に、大まかに出現する場所と時刻が分かっていたので助かりました。
結構、ヴェンツェルにガラクタと罵られますが、可愛いメイドさんなのでよいでしょう。彼女のあの力は一体どこから出てきているのか不思議ですが、ムダにときめきを与えてくれるのはユエです。
ラストは報われているのか、報われていないのか甚だ怪しいですけれど、攻め攻めしい主人公を久々に見ました(男キャラに押されっぱなし)
てゆーか、思うに、スティラルカも交えてやるといいよね!(深読みするといい)

今回の同時攻略は、途中で投げたのでなしです。
エマの友情エンドにはこぎつけています。クラウスのイベントを一つ見逃した瞬間に、エマまでやる気が失せたので、こんな結果です。
女の子をいっぱい、同時攻略に選ぶとハーレムみたいで楽しいです。
しかし、まあ…ユエのラストがあんな結果になると思うと、ハーレムも遠い…頬染めるユエの立ち絵が可愛かったから、まあ、良しと思うことにしておきます。

BASARAはかすが天下統一中。誰か、利家やって。


PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM