御堂が攻めだなんて、わたしにはとても見えません。
でも、彼、攻めルートもあるんですよ!信じられない…!


とりあえず、順調に消化中。御堂攻めルートクリアしました。
くっそ、本当に御堂が攻めだなんて信じられないほど、受け受けしい子です。ノーマル克哉のほうがよっぽど攻めらしいよ。
友人あたりからは、ブーイングがきそうですが、そもそもマイナーにリバーシブルを聞いたら逆転するに決まっているじゃないですか。眼鏡克哉が受けで、ノーマルが攻めでわたしは問題ないよ。


でも、話自体は、眼鏡をかけていないときのほうが楽しいです。
眼鏡ルートに居ると、話がどんな風に転んでいくのか分からず、ワクワクするし、一体何を強要して、相手はそれにどれだけ応え、どれだけ堕ちていくのか楽しみにしていたのですが、それはこちらではあまり期待できないようです。
元の克哉の性格が頑なな所為かも知れません。
人間の成長を見ているようですよ、まるで。

御堂に叱咤激励されているのも可愛いですが、彼に希う姿も可愛くはあります。御堂はミイラ取りがミイラになった形ですね。
あ、エネマみたのは久々です。某サイトの小説ではエネマをしょっちゅうみた記憶があるんですが、最近は下火なんですか?言葉自体も聞くことがありません。
どこへ消えていたんでしょう。てゆーか、本来医療用品だったらしいんですが、実際の使用意図ってなんだったんだろう…知らないまま、オリホモサイトで出会ってしまったので、正しい使用方法知らないんですよね。


そんなこんなで、御堂攻めはプレイ自体には、新鮮味の欠片もない…!
でも、エンディングは良かったと思います。前半の、あのシリアスというか、やられっぱなしというか、一方通行っぷりは何だったのかと問いたいほどに甘い。
寧ろ、甘ったるい。
エネマ使ったあたりから、御堂が克哉にとらわれているんで、その先がジリジリする。
所詮、中学生日記・御堂…!
三日三晩、ベッドから出るつもりがないところは中学生日記とは言いがたいですが、いつの間に克哉愛しちゃったの…


ED2は、克哉がコールした辺りから、ベストエンディングが待っていると信じています。
気が付いたら、本多のところに『俺たち結婚しました』とかいうハガキがやってきても不思議はないと思う。もちろん、御堂が嫁です。
ED3、簡単に言えばBADは御堂エンドとは思えなかった。
あれ、本多エンドの間違えじゃない?
御堂との繋がりが切れて、代わりに本多を奪取したとも考えられるけれども、ぽかーんとします。
片桐の酒池肉林エンドに匹敵します。あ、もちろん、酒池肉林エンド大好きですよ。


ああ、片桐で思い出しました。
御堂攻めルートの克哉は、片桐を思い出させました。
何がというのは口頭ではとても説明しにくいんですが、相手を憎むことも出来ず、許すことも出来ず、何も考えずに受け入れるという感じが似ていると思うのです。
考えることを拒絶しているわけではなく、気が付いたら受け入れちゃった!感がね。
それを考えれば、御堂も克哉を調教し放題ですね。大隈専務に見つからなければ、オフィスラブに力を注げるだけ、注ぐといいですよ。
ええ、もちろん、ばれない程度に。

片桐終了しました。
愛しいと思ったのは、このキャラが初めてです。あ、鬼畜眼鏡の中でね。
御堂は攻め甲斐も色気もあったし、本多はいじめ甲斐と可愛らしさ、秋紀は従順で同にでもできるって言う優越感がありましたが、片桐は純粋に可愛くって愛しいですね。
馬鹿な子ほど可愛いってこういうことを言うのかもしれません。


やっぱり、調教者と、被調教者の関係はこんな感じが一番ですよ。
自分を嬲っているのが克哉だと分かっていながらも、許しを請うのも、懇願する相手も克哉しか居なくて、相手の手に落ちる。
本当は一人きりでも生きられるはずなのに、支配されてでも、縋りながらしか生きられないのが可愛いです。
わたし、片桐が一番可愛いと思いますよ。秋紀は確かに奴隷だけど、片桐は多分、それを越えるだろうなぁ…『乙女で淫乱』とか言って、克哉の言葉を肯定します。そっちのほうが、断然可愛い…!
怯える顔も、嫌がる顔も、泣いてる顔も、全部可愛いですよ。笑っているのが一番、ほわほわしていますが、別にほわほわしてなくてもいいの。
可愛いから!(どこまで力説すればいいの)


ま、可愛いついでに、彼は克哉の意識の中に自分が存在することに至福を見出してしまったが為に、克哉を殺すエンディングがすごく好きです。
死んでしまってもいや、遠く離れていってしまうのもいや。どうしようもなくて、克哉を殺す片桐がとても拙くて、幼くて、絶望した顔が見たいというのが良く分かりますが、世界に一人きり残されたかのような彼の顔そのものが、絶望に染まっていて良いと思いますよ。
あーもー可愛いところしか目に付かない(´▽`)


オカメインコの区別は最後まで付きませんでした。
静御前は分かるけど、もんてん丸ってどっから取ってきたんだろう?義経じゃないし、源氏方じゃないのかしら?
巴御前なら、義仲の幼名の駒王丸をもじったとか思えるんだけども。


あ、ついに、眼鏡ルートを攻略しきってしまったので、ノーマルルートに行ってきます。
不本意ですが、受け受けしい御堂にだって、やられてきます。

俺の元堅…じゃなかった、本多受け終了です。
やっぱり、暑苦しいというか、むさくるしいというか、現実にこんな人が居たら、わたしは付き合いきれないと思う。
どちらかっていうと、個人主義です。あそこまで熱烈にチームプレイを推すことは出来ないよ。


ま、全般に暑苦しかったんですが、鬼畜眼鏡をメインキャラは本多なのかしら?克哉の過去話が出てきたのは、今のところ彼だけです。話も若干、長めのような気がしたんですが、気のせいでしょうかね?
他のキャラでは、何かを思い出しかけて、結局何も思い出さずに終わってましたからね。
秋紀にいたっては、その欠片すら見えなかったですけどね!友人には不評ですが、秋紀のエンディングは、ものすごく可愛いと思うんだ。
●道攻めないのが、心底もったいないと思いますが…調教手ぬるいぜ…!もっとも、わたしは大概オリホモでだいぶ網羅した感じがするので、そう思うのかもしれません。


まあ、眼鏡克哉の性格がアレなので、本多がひたすら痛い男に見えました。
信じていた友人に裏切られた哀れな男のはずなんですが、本多があまりにも熱かったので、空回りっぷりが痛かった。
でも、本多のエンディングは、彼が物凄く必死になって主導権握ろうとしていて可愛いですよ。
色気という点では、圧倒的に御堂に軍配が上がりますが、可愛らしさという点では、本多の圧勝です。秋紀は奴隷なので、比較対象にはなりません。可愛くないわけじゃないけど、奴隷はそういう判断基準に入らないんだ。従順か否かが問題点です。


本多のベストエンディングは可愛くていいですよ。
御堂は中学生日記みたいでしたが、こっちはこっちで、本多必死すぎていい。どこまで主導権握りたいんだろうね。多分、ああいう性格である限り、最後まで受けだとは思うんだけどね。
一番切ないエンディングは本多の腱が切られる話。ED3というべきですかね、アレです。
本多からバレー奪ったら何も残らないのに(さらっとひどい)、それを奪ってしまったせつなさ。自分で、後悔しているのが尚更に切ないです。
ED2は仲良しさんでいいです、ED4は…秋紀や御堂に刺されるエンディングみたいです。
でも、殺されるなら本多に殺されたかった。


次は、攻めルートの最後、片桐攻略してきます。
オッサンそそるわ〜どこまで鬼畜な選択肢を選べるか、ワクワクしながら、犯してきます。
ふふ、年下攻めっていいよね…!

秋紀は乙女だと思ったら、とんだ電波でした。
よもやよもやのベストエンディングに呆然としてしまいました。一瞬思い出したのが、史鋭慶の千夜BADです。似たような感じだったなぁ…山の中で二人だけで、ずーっとずーっとって感じが。
でも、あそこまで見事に躾けられれば楽しいだろうなぁ…なんで、●道攻めしないんだろうなぁ…orz
御堂のときは、生殺与奪の一切合切を持っている間のプレイがものっそ気になります。ありそうだよね、スカーレットとか、もろもろがさ。
考えるだけでワクワクするシーンです、あそこ。


秋紀はリバーシブルだったら、もっともっと楽しかったんじゃないかと思いますが、眼鏡モード、つまり、攻め側しかないのが残念です。
リバーシブルだったら、あんなことやこんなことが、非常に楽しかったんじゃないかと思います。咎狗でリンに感じた切なさに似ています。お前が乗るんじゃないだろう?アキラを乗せるんだろう・・・!?ってあの感じです。
克哉に飼われるんじゃないんだろう?飼ってやるぜ!の勢いのあるルートは何故存在しなかったのか。
あってもいいじゃないか、下克上こそ、最大の萌だと思うよ。


御堂に対して●ーターでいじめつくした上に、自宅と職場で強姦したので、秋紀に対してはあまり感慨が…
てゆーか、プレイに新鮮味がなかった…
ブクマされてるサイトに、似たようなキャラクターが居たような覚えが…そして、似たようなプレイを呼んだような記憶が…(それもどうかと思うんだけどね)(そんなこといったら、大概のプレイに新鮮味ない!)
携帯は、よもや本当に使われると思いませんでしたが、入れちゃえば良かったのに。と、舌打ちしていました。

ぶっちゃけ、電波な彼のエンディングは某サイトの小説のキャラそっくりで萎えました。個人的に知っているだけなので、多くの人は楽しいはずですが、うん、あそこまで似たような気質を持っていると、つまらない。
ま、あっちは個人所有の奴隷で、公共に貸し出されてますが、こっちは個人所有・個人利用。
あぅーあっちのサイトに飛びたくなるよ。


眼鏡をかけないと、秋紀には克哉が二人居るように認識されるみたいです。
じゃあ、そんな克哉を『やる気を出したな!』くらいにしか思っていない同僚にびっくりです。
やる気が出たくらいで、背格好は似ているけど、前から見ると別人。には、ならんだろうよ!
眼鏡ミラクルです。

え、ちょ、御堂…!?

わ た し の 太 一 は ど こ … !?


おかしいと思ったんですよ、途中から。
休日は欠かさず太一のところに通っていたにもかかわらず、休日に太一が言っていたことを平日に実行することなく、なぜか御堂とのかかわりが深くなっていくので、おかしいなとは思っていたんですよ。
なんか知らないけれども、明らかに御堂のイベントが発生して、眼鏡をかけないと肉奴隷。眼鏡をかけると、鬼畜なご主人様。
おかしいとは思ったんですよ…!

御堂フラグ立ちすぎじゃないかって…!!!

そうしたら、あっという間に御堂ルートに入ってしまいました。
とりあえず、肉奴隷な運命は嫌だったので、セーブデータのロードという運命上書きシステム(BY遥か3)を用いて、ご主人様になってきました。
何のためにこのゲームを買ったのかという目的を思えば、最初から自らが受けに回る必要はありません。
攻めになって、親父を組み伏せたかったから買ったんです。


当初の目的は、眼鏡を装着することで叶えたんですが、ちょっと、うん、御堂にひどいことをしすぎてBADになってしまいました。
プレゼンの最中、●ーターのレベルを上げてあげて、最終的には放置した上、その場で躾けて、懇願させて、御堂の代わりにMGNの社員になって、御堂を監禁飼育という。
いやーもう、うん。最初にBAD出す癖は治りません。
でも、このBADルートでは御堂が壊れなかったので、可愛い可愛いと思い続けてました。
違うルートだと、壊れかけたところを、更に陵辱して本格的に壊しちゃったりするんですけれども、解放してあげれば、鬼畜なんて嘘じゃねぇの?ってくらいに、ラブラブです。


たぶん、御堂はツンデレを目指して作られたキャラクターなのでしょうが、あれは恥ずかしい。
ベストルートでの、克哉とのトークが中学生の青春みたいです。おまえ、その年になっても、そんな…!自惚れと相思相愛が愛しいです。
太一、太一、と言ってましたが、御堂も十二分に可愛かったです。

みらくるのーとんでは兄貴の中途半端なSMが許せなかったですが、鬼畜眼鏡ではBADルートで堪能したとでも言うのか(●道攻めなかったけどね…!)(悔しいんです)(あればよかったのに)、ベストエンディングでただの甘々でも満足しました。
御堂が可愛かったのと、自分が攻めで楽しかったから満足したんだろうなぁ
そんな満足の勢いで、御堂受けルートはフルコンプです。イベント、スチルに逃しはないはずです。
次は、このまま御堂攻めといいたいところですが、もう、受けにしか見えないので、違うキャラクターを攻めます。


次は太一か、どうでもいい秋紀狙っていきます。次こそは狙い通り進め…!
あ、友人も『鬼畜眼鏡』買いました。一緒に、おっさん(ロイド)攻め落とそうぜ…!

ひっそりとたまってきた、R-18のゲームプレイにやっぱりカテゴリ分けしたほうが良いんじゃないかとも思いました。
でも、そうじゃない記事も、立派に入り乱れているので諦めることにします。
わたしからBLとったら、いろんなものがこそげ落ちるよ(それもどうかと思う)


とりあえず、今の狙いは太一です。
最初はまったく興味なかったんですが、太一の『大好き』が凄く可愛くて、こいつを攻略するしかないと、わたしの直感が訴えます。
こういうキャラクターの場合、わたしは受けに回っても、攻めに回っても楽しめる。
ただ、不安要素は、公式サイトの下のほうに書いてあった『陵辱ゲーム』ですって、一言。今の今まで気づいていなかったんですが、そういうゲームだったんですね…orz
太一なら、それもいいですけれども、希望は『みらくるのーとん』の兄貴が使った赤蝋燭で!
ま、どっちでもかまわないんで、どうとでもおなり。


ああ、今は四週目に居るんですが、眼鏡はかけるべき場所が良く分からず、御堂の肉奴隷になりました。
だって、タイトルは鬼畜眼鏡なのに、鬼畜度上がっていかないんだよ?太一が眼鏡はないほうが良いというから、あまりかけないで居たらこんな結果に…
このまま御堂BADに突き進んだら萎える。
最 初 は 太 一 が い い な !
罰ゲームがどんなものでもいいし、奴にやられるんじゃなくてもいいけど、絶対、太一が関わらないと嫌だなぁ。このまま御堂に引きずられるのは嬉しくない。
とかいって、ルート解放条件付いていたらどうしよう。


あ、本多ですが、思っていたよりも暑苦しくて、ラゼル様というよりも、もはや俺の王子って言うか、俺の元堅って感じです。
四悪魔の中ではラゼコノが一番好きだったんですが、いや、ここではちっとも来ないよ、本多。
攻略する気が…それを言うなら、片桐もです。
片桐は人がイイのが分かるから、鬼畜プレイしたくない気分に…お、おかしいな。オッサンは基本的に、縛って鳴かせたほうが楽しいと分かっているんですが(…)、片桐はちょっと、うん、清い関係でいたい感じ?
でも、攻略します、太一の次に!(どんだけ好きなの)


休日は太一に会いに行ってます。
マスターにもボイス欲しかったなぁ…

増量中の予約をしました。そんなついでに、まるごとみらくるの予約もしました。
9月28日は、バイトを休みにします。いそいそと買いに出かけないと、予約取り置き期間が短いので、いそいそと行きます。

とりあえず、予約特典が欲しいので、朔来さんとは示し合わせて、違うところで予約しています。
彼女は、とらのあな。わたしはメッセサンオーです。
兄貴には一切触れない感じで、特典を求めました。わたしの一押しは、例のスカーレットで心を射止めた正臣だったんですが、兄貴が現れるために止めました。
それほどまでに、兄貴が嫌か!と言われたら、イエスです。
SMやるなら、もっと突っ走れよ・・・!なんだよ、あの最後のラブラブっぷり!いや、ラブラブの何が悪いって言われたら、悪くないんだけど、気分の問題です。
中途半端な変態が一番いや!
もっと突っ走っておしまい…!世界を破滅させる勢いで、明に走ればよかったのに…
ま、現実問題無理ですけども。


デモムービーもついに出ましたね。
チラリズムでいろんなシーンが出てきます、のーとんも受けになるのか。
正臣がスカーレットをもう少し極めて●道プレイをやってくれるのを、ものすごーく期待しています。たぶん、ないって分かってるけどね…orz 需要が少ないのは理解してます
あとは、誠二。純粋に子の子が好きなので、どうなるか楽しみです。


メッセサンオーで予約するついでに、銀ののーとんを生でみてきました。
笑える・・・!ミニマム!可愛いんだか、不細工なんだかの瀬戸際でした。

今更、そして、何故こんなにも突然やりたくなったのかは、わかりません。
ただ、来月のバイトのシフトどうすっかなーと思っていたら、唐突に元堅のバッドエンディングが見たくなりまして…
そもそも、なんでベストエンドじゃなくて、バッドエンドなのか、よく分からないんですけれども、なんとなく見たくて。
でも、どうせPC版なら鬼畜エンドでいいんじゃね?と思って、鬼畜ルートに突入してみました。


画廊でスチルの確認をしてみれば、青樺受けは元堅を除いてパーフェクトでした。基本的にマイナーの住人ですが、この手のゲームのときだけは王道に走れます。寧ろ、小説だって王道を走れます。
二次だけが、二次創作だけが、瞬間的なひらめきでマイナーに走るだけです。らめんちょだって二次ならマイナー…orz

まあ、元から元堅はいい男ですが、人間としてとってもいい男ですが、いい男過ぎてふかーい仲にはなりたくないな!つーのが、先立ちます。
気づけは自分が、妻子持ちだった、実直な男を誘惑する不埒な男に思えるからです。ぜひとも、健全な仲でいさせてください…!!こいつとは、史鋭慶やら貴沙烙やらとやった行為のひとつも一緒にやりたくなどないのです…!
二人の肉奴隷には成れても、元堅に対してだと、彼にとって大事な人。という位置をキープしたい。
ようはエロス ノーセンキュー!
ゲームを全否定するんじゃないとか言わないでください。


地道にというか、スキップ機能を駆使して、最初からやり直したにもかかわらず数時間でクリア。早いですねー季節が3週したにもかかわらずこの時間。
散々言ったとおり、元堅はとってもいい男なので、鬼畜ルートに入ったって、青樺を自ら陵辱するなんてことがありません。すごい紳士です。旺珂様も見習って欲しいくらいに紳士です。寧ろ、俺の為に命張ってやるぜ…!という男気にあふれています。
仲睦まじくて、ほろりと涙しそうなくらいです。いえ、氷霧ルートじゃないから涙は出ませんよ。

そして、じりじりとどこから、どう鬼畜ルートに転がっていくかと待っていると、あ、あ、あ、あ、あれ?
これって、青樺陵辱ルートですか?と思うほどに、似ている。似ているというか、元堅がまったく係わり合いにならないままに鬼畜ルートです。
てっきり、狂った元堅に犯されるものだと思っていたので、拍子抜け。
更にスチルも拍子抜け…!まて、ちょー若返ってる…!

最終的には二人揃って死んじゃうあたり、お前ら、もうプラトニックでいいんじゃない?と画面を前にため息。
あーうん。二人の直接的なエロなくてよかった…!
元堅ルートだけはPS2版か、全年齢版で十分です。二人は永遠にプラトニック!

    祭が始まる。

忌まわしくも、懐かしい祭が。



オープニングがめっさきれいだと、今でも思います。あの触手っぽい蛇スチルがチラリズムで入り込んでいなければ、もっと堂々とみれたと思います。オープニング。
四連ちゃんのバッドエンドを越えて、ついに、大ボスのトゥルーエンドに辿り着きました!
ぃやったー!昨日の努力はこれで、確かに報われた!

夕貴が何なのか、という問いは『羽鳥を恋うもの』の一言で、あっという間に解明。『眠る夕貴』エンドで、そんな気配は多々あったけどねぇ…ここまできっぱり言われるとは。拾ってきたという発言とかを含めても、ヒントはいっぱいありましたね。
まあ、だからこそ、絶対的に透夜しか必要ないんですね。他がどうなってもいいみたいな、そんな勢いです。
え?そんな子ばっかり大好きですが?かつて、排他的に一途な子が好きだといわれた言葉を否定しません。愛情表現が曲がっていることも否定しません。

夕貴はBADEDもいいですよ。独占欲が丸出しで。彼は本来そういうもので、万物に優しいものではないのだし。クロックじゃありませんが、愛を振りまくのは浅ましいというやつですよ。孤高にあるものが膝を折るのは、自分の価値観でだけですからねぇ。
トゥルーエンドでの夕貴の笑顔は非常に可愛かったですが、バッドの弁慶というかペーター=ホワイトみたいな、呪い声がすごい好きです。
あとで、もう一度、夕貴は見直します。


ほか、エンディング。
久瀬×透夜ルートで『心中』、『眠る夕貴』。『闇の狂宴』の久瀬。普通のバッドエンドです。
加えることの、俊一&遼の新たな絆1と2。
割とがんばったほうだと思います。俊一&遼はしょっちゅうリバーシブルでいいと思うけれど、わたしは遼が右のほうがいいなぁ…初見が『こいつ受けキャラ!』だったもんで。

久瀬ルートの話は割りと、唐突…おいおい、お前、いつからそんなに俺を愛してくれちゃってたんだ?命をかけて守るとか突然言われちゃったよ!
そして、久瀬の前だと透夜がツンデレ。アキラと源泉を思い出させる関係です。おいちゃんと同じ墓に入ろうな?(笑)


ここまでフルボイスオンのままやってるんですが、ちょっとキラルを考えると質が落ちる?
淡々としている調子は別にいいんだけれども、叫び声が微妙だったりする。ち、力注げよ…!最後まで。成田さんの叫び声がなんともいえなかった。ジョージ若鳥の「ふははははは!」みたいなのは、狂っているキャラらしく、空気を読まない感じがいいです。
うーん、みんな情事は問題ないのになぁ…(花町を思えば全てがいい)

あと、想像以上にエロスが短い上に淡白です。シナリオが良いし、エロだけを求めているわけじゃないので問題ないですが、せっかくスチル書いたんだから、暗転させないでスチル表示させておこうよ、もったいない。
俊一×遼の、あのむなしい暗闇を忘れないわ。見せろよ、肉体美!まじで、きれいだったからあのスチル!

一応、エンディングは迎えました。
プレイヤーが、何といっても、わたしなので、自分自身でも一回でベストエンディングにたどりつけるとは思っていませんでした。思っていませんでしたけれど、グッドエンディングくらいには、たどりつけるんじゃないかと思っていました。
しかし、必死になって見た四つのエンディングが全てバッドエンドってどうよ!?
これを書いている時間こそ午前中ですが(そして、学校ですが)、ちょっと横目で見たカーテンから太陽の光が透けて白く見えるほどになった時間までプレイしていました。たぶん、四時間寝てない・・・orz
四時過ぎまで頑張ったのに、この仕打ち。俺に一体何の恨みが…!?


とりあえず、見たエンディングは夕貴と心中するやつと、夕貴がこんこんと眠り続けてしまうエンディング。加えることの、『闇の狂宴』の夕貴&俊一と、透夜豹変です。
前の二つはまだともかく、後半二つにはびっくりです。夕貴に罪悪感を感じたら、あっという間に俊一が夕貴に押し倒され(一応、夕貴が受けだけど)、自分は夕貴に犯されました。ちょーびっくり。
基本的に夕貴真っ黒!普通の子供って感じのときは、遥かシリーズの詩紋だとか、彰紋様っぽいんですが、豹変エンドの夕貴が、どう聞いたって弁慶並の低さです。
あープロだなぁ…と思ったんですが、音域とキャラクターの黒さにびっくりです。一応、ヒロインぽい扱いなんだよねぇ、夕貴って。え、違うの?
不安です。


話自体は、非常に良いですが、さすがにバッドエンドばかりはもう要りません。
俺は、普通に幸せなエンディングだって見たいんだ・・・!しかも、この状態だと夕貴の正体とかよくわからなくて、つらいよ!
俊一と遼はすごく好きです。お前ら、二人で早く くっついちまえ!俺、心の底から応援するよ。
でも、俊一だけは、どう考えても死んじゃってるんじゃない?てエンディングが二つありました。夕貴がね、透夜を手に入れるには、独占するには俊一が邪魔だって言っていたんだ。まじこわい。
早く、夕貴と幸せなエンディングを迎えて、俊一と遼をくっつけてやりたいです(…)


ちょっとこの勢いに乗ってボモゲ買いたい。オロチは先延ばしかな。ひと月くらい。


PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM