『終りなき夜に生れつく』を読んでから本編。
まず言っていいかな、どうした葛城、何があったの葛城、ちょっとやばいよ葛城。
先に山にいた子供3人の話を読んだものだから、変貌っぷりにびっくりですよ。

ネタバレ全開で以下。

途鎖国の闇月での話。
イメージはお盆の墓参りとその裏で行われるバトルロワイヤルですかね。
そして、話のメインはバトルロワイヤルのほう。最後の一人がお山の大将になれる。
バトルロワイヤルの参加者はみんな、チャンピオンたる神山を狙って山を登る。
超能力バトルがメインかと思いきや、ただのオマケというか残虐さや不穏さを煽るエッセンスみたいな扱いでした。
エッセンスにしてはグロいんですけどね!

説明があまりないので予想でしかないですが、葛城はかつて実邦が好きだったという設定なんてすかね。それか、あえてそう見えるように書かれているか。
もしかしたら、自分と同じくらい強いのは山の仲間たちしかいないと思っていなのに、全然強そうに見えない実邦にしてやられた屈辱から屈折した恋慕を持ったんですかね?
とりあえず、実邦の相当やばいストーカーと化していて頭がヤバイなこいつは、と思わされます。

では、実邦は?といえば、葛城の目を潰した罪悪感に囚われながらも、神山に匿われてそこから愛しちゃったー!でも、愛されてなかった(知ってた!)この恨み…!という状態で、これがすれ違いというやつか。
実邦自身のイロは強くないながらも貯蓄型で発動したら凄まじいというのが匂わされています。
反動もあるから本人はなるべく使いたくなさそうですね。
貯蓄した分を一気に使うと死ぬかもしれないというハイリスクハイリターン型ですしね。
一応、神山を殺せてよかったね????

善法が母親の幻を見る際、必ず首がない理由については言及されていません。
心理的なものが要因らしいので、もしかしたら母ではなく妻子のときのイメージ(これも言及されてない)に影響されているのかもしれません。
善法、普通に優秀だと思うのにな。

青柳はともかく神山の出番の少なさはすごかったですね。
神山の息子も人らしい言葉を話したのはほんの少しだけ。
いっぱい出てくるけど、人間らしさがすくないの逆にすごい。

ラストについて。
ソクについて言及がありませんが、仏、山仏師、という言葉から『即身仏』が由来かと思いました。
また、全は個、個は全という話から、水晶に魅入られた少年マサヒデ、アッパー系の手術から能力を引き上げ幽霊を見ていた黒塚のふたりもソクになったのでしょう。
というか、黒塚は現れた幽霊(ほとけ)を経由して少年に体を取られてしまったんでしょうね。
じゃあ、黒塚が少年の体を取れたのか?というのは不明です。
予測ではすでに全の中にあり、消えてしまったんじゃないかしらね。
屋島先生の老人には老人なりにできること、とはソクを山に残さないだったのたと思います。
ソクがいたら人は引き寄せられる、引き寄せられた人はソクになる。
『ジャンプ』は進化のことであり、進化が済んだ人はソクになるのでしょう。

さて、それは幸せなのかな?
夜の湖の底に横たわるのはホトケの幻か。

事前情報なく手にとった1冊。
最初の数十ページを読んでから、あまりの設定の重さにびっくりしてあらすじを調べました。
あらすじは下記の通り。

**************

エレノア・オリファントは会社の経理部で働く30歳。友達も恋人もおらず、ひとりぼっちの生活をそれなりに満喫していたが、ある日「今の自分を変えたい」と思う運命の出会いが訪れ…。周りに“変人”と呼ばれながらも、不器用に必死に生きるエレノアが最後に見つける「人生の大切なコト」とは。

**************

ものすごく枯れた30歳の話に見えますが、スタートは毒親に今なお虐待され続けている発達障害みたいですからね?
心が、心が痛い…!ノンフィクションのカウンセリング本でもないのに心が痛むスタートです。

それでも確かに、エレノアにとって運命の出会いが今までのエレノアから彼女を変えます。
周囲の反応も、たびたび繰り出されるジョークも日本だったらそのまま誰もが立ち去ってしまうよ!と思うのですが、さすがは英国、懐が深い。
エレノアにとってとても良かったことは、レイモンドに出会えたこと、肯定されたことだと思うのです。
彼も最初は頭がおかしいと思いつつも、少しずつ仲良くなっていく、その過程で肯定されたことがプラスに働いたのだと強く思います。
ずっと苛まれていた母親の自己否定を覆すだけの力をくれたのは、レイモンドの肯定なのだと思いました。

ちなみに、エレノアとレイモンドは友達です。
映画化の話が出ているそうで、もしかしたら最後には付き合いました、みたいなラストになるのかもしれません。
そうならなくても、エレノアにとってレイモンドは1番の友達だ!と言えるでしょう。

最後まで読むと、題名をああ良かった、と受け止めることができます。
エレノア・オリファントは今日も元気です!

評価:
価格: ¥ 1,620
ショップ: 楽天ブックス

図書館から借りてきた帰り、紙の本が良いよね、と声をかけられました。
わたし紙が好きなので、電子書籍はもっと利便性と紙に近い感触がないと難しいな、と感じています。

何も知らずに借りたんですが、これ前後のお話が存在するんですかね?
1冊で完結するような感じがせず、何か本編があってそれのサイドストーリーなのかしら?と思いました。
世界観が独特ですが、西尾維新の魔法使いの話を思い出します。
あれも九州、長崎が魔法使いの国でしたね。
今回は『土佐』に相当するものが、超能力者の国のようです。

続きなのか、本編なのか、彼らが絡む話が非常に読みたい!
調べますね。

評価:
価格: ¥ 1,728
ショップ: 楽天ブックス

読んでなかったんだっけ?あれっ?と思いながら読みました。
風神秘抄を読み返してから、じっくり読むべきだったなぁ とも。

物語は前述のそれと深くリンクしています。
これだけ読むと誰やねん、みたいな箇所もあるかと思います。
明記されていないだけでシリーズってことですね。

今回の主人公は頼朝です。
史実の頼朝がどこに流刑にされていたかとかを思い出しつつ、この地名は昔はこのような表記だったの?と新鮮。
深く掘り下げてはいないので、本当にその表記だったのか、はたまた創作としてあえて違うふうに書いているのかは確認していません。
仕事柄、Evidence!!!と言われまくっているから、調べものはもう結構。

竜は陰陽のことを指し示すのだと思います。
色は違えど、おそらくは。
身のうちに飼うものと、外に存在するものは時に交わるのでしょうし、昔ならばなおさら。
頼朝が身のうちの竜を見つめることは、この先源氏の大将になるのに必要だったのでしょうね。

NHK教育でやっているのを見かけて、面白そうだと思っていた昔話法廷の書籍化版。
子供向けで書籍化されたようでわたしには少し物足りなかった。
大切なところを端的に上手にまとめてあると思います。
あれをテレビで見ていた人なら、すぐさまその場面が浮かぶかのようです。

が、わたしはテレビで見られなかったですし、小説大好きな大人なので、もう少し肉付けされた文字だけで情景が浮かぶような書籍であってほしかった。
対象年齢じゃないってこういうことなのねー!
俄然テレビ版が見たくなるという、ある意味では勝利な結果です。

新館の話。
話が一気に現代になりましたね。
わたしが知る東京會舘のビジュアルだった時代、もうすぐお披露目になる新しい東京會舘はまた違う姿なんでしょう。
こういうときに事前情報を掻き集めて期待に胸を膨らますのと、ただひたすらに待ち自分の目でその姿を映すことを楽しみにするのどちらが良いんでしょうね。
わたしは気分によりけりです。

結婚式はいらないよ派だったので、お店に料理も食べに行かなかったのがやはり悔やまれますね。
マロンシャンテリー…
どこの結婚式場もいろんな人のいろんな気持ちが詰まっているのでょう。
どんな場所にも思い出はあります。

新しい東京會舘のオープンを楽しみにしています。

東京會舘のマロンシャンテリー食べてみたいなぁ、と思っているうちに改装工事に入ってしまったんですよね。
わたしまだ東京會舘いったことなかったのに!
食べ物の恨みは恐ろしいけど、他の美味しいものを食べたら吹き飛んでしまうんですね。
これを読むまですっかり忘れていましたよ。

東京會舘の歴史をなぞりながら進む短編集といった風合い。
登場人物たちはそれぞれに、ほんの少しずつの接点があります。それを探しながら読むのが楽しい辻村深月らしいです。
そんな接点がこの話の美味しいところで、過去、こんなふうだったのに時が経ったらこんなに?!というところで深み増すと申しましょうかね。

ノンフィクションではなくフィクションなので、本当にこのようなことがあったかは不明です。
でも、創業から頑張ってきた人たちがいるのは確かでしょう。

タイトルについている旧館の表記、今やっている改修工事が終わったらどうなるんでしょうね。
新旧で見た目が変わったように、今回も変わるんでしょうか。
あんまり縁がないので、変にモダンな感じでなければ大歓迎です。
いつかマロンシャンテリーを食べに行きたいです。

評価:
価格: ¥ 734
ショップ: 楽天ブックス

恩田陸のライトノベルだった!
スタートが独特でしたが、恩田陸ですし気にしていなかったらライトノベルと言って差し支えなかった!
びっくりしました。
だからといってどうこうしません、作風が広くて感嘆するばかりです。

舞台は近未来の日本。
どこかで物質社会の限界を感じて過去の古き良き日本に戻ろうとする人たちと、文明の利器をどんどん利用して発達していきたい人たちとで分裂してしまった日本。
主人公は古き良き日本に戻った人たちのグループに属しています。
わたしはいま着物にハマっているので、着物を普段着として活用できているだけでも羨ましい!
佩刀が許されている世界というのは少し想像ができませんので、時代劇の世界かしら?と思わないでもありません。
かといって、時代劇なだけではなくテクノロジーは現代よりももっと先。
不思議な時代劇といった感じでしょうか。

ライトノベルといったように10代の少年少女の活劇です。
少しのミステリ要素含んだ話で、その先はどうなるの?と引き込まれていきます。
最後にグッとひっくり返してくるのは上手だなぁ、と。
現実と夢の境をあいまいにするラスト、本当にライトノベルのようです。
わたしが中高生のころに読んだことがありますよ、こんな風に最後、実は現実が夢で、夢が現実であるかのような作品。
楽しくない、オチがいまいちという評価も見かけましたが、わたしはうまく落としてきたなぁと思いました。
このまま映画にしてもよさそうですよね。

中学生が渋谷駅周辺のジオラマを作成する話です。
それが全てなので、これがネタバレじゃないの!と言われたらそこまでです。

人生50年の時代から、人生100年の時代になっても100年は長いです。
赤ちゃんが祖父母世代になってしまうだけの時間です。
その100年で渋谷駅はいかように変わったのでしょうか?
産業革命よりも前ならば、こんなにも変容しなかったのかもしれません。
川は埋められ、駅は巨大になりました。
100年前の人は今の渋谷を見てどう思うのでしょうね。
あの田舎が!!!と思うでしょうか?
(わたしは六義園の本を読んで片田舎が随分都会的?になったな、と思いましたよ)

100年後、ここにいなくても残るものはある。
たぶん、それがテーマなのだと思います。
僕らはいない、けれども、存在した記憶は残る。
なんだかとても夢あふれる話ですね。

主人公はティーンエイジャー。
14歳はなんと懐かしいことでしょう。
14歳といえば14歳の母などもあり、少女と女の狭間にあって揺らぐ時期ですね。

クラスの派閥は懐かしいわー!の一言に尽きる。
わたしは完全に底辺側の人間だったので、上のことなんか知りません。
また、このように蹴落とそうと目論む人もいなかったので。
派閥が組み替えられるときなど、ものすごく不安だったことを覚えています。
あれっこれから何がどう変わる?とそんな気持ちで周りを見渡す気持ちもわかります。
結局は友達の喧嘩にみんな巻き込まれただけかよー!みたいなことも、何回もありましたね。

勧善懲悪、全てがスカッといかないところ、現実みたいでわたしは好きです。


PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM