直感が鈍ったんでしょうか。
SLGより、BLGの方が難しいような気がします。ラブレボのゴルゴの反応はとっても難しかった記憶がありますが、これも、何故か難しい…
なんていうんでしょう…わたしにしては、珍しく、狙い通り進めません。まっすぐに、コイツ!て決めているのに、途中で、別のキャラのバッドになったりします。
さらに、新たに開通したルートに突入しちゃったりとか、なんてこと…!


えー各務のBEST・BAD、朔夜のBAD、雅人のBAD、巽のBADまで見ました。
で、不思議なことが一つ。あまりの不思議に、攻略サイトにまで行ってしまいました。

雅人のベストエンディングが見れない。

選択肢が間違っていたのかと、攻略サイトで確認したんですが、何故か、最後に雅人が死ぬ。おいーなんでだよ…!わたしの何が悪いのか、これは最初からやり直さないといけないのか。
でも、バッドエンドの暴挙も、阿呆さ丸出しで愛しいです、雅人。
雅人だけはあとで、最初からやり直します。巽と一緒に攻略できないのが不自由です。
うっかり巽とあわせて攻略しようとすると、3Pバッドに入ります。めがねを外すと、二人はまるで双子です。俺に挿れているのはどっちだ…!?

各務はベストに入っても、最終的にバッドのような展開が待っているような気がします。
ずっとずっと一緒にいたい。みたいな意識が先行して、閉じ込めちゃうんだぜ!きっとそのときは、口八丁で朱璃をだまして、捕らえておくんだろうなぁ
各務はベストED→BADED見たいな展開を期待しています!

朔夜は、バッドルートにリバーシブルがあってびっくりです!ちょっとまって、朔夜!
慰めてって…!
なんつーか、もう少し朱璃が性格悪かったら、ヒィヒィ言いながら喜んだと思います。違うので、百合にしか見えずげんなり。
やっぱり、花町は主人公が逞しくないので寂しいです。もう、一人で、主人公総攻め妄想をします。

巽、これは、うん…
唐突に巽ルートに入ってしまったのでポカーン。
あんまり記憶に残っていません。森川なので、ラメントを思い出しつつ、「淫乱な猫ですね」などと言い出す彼に、どっきり。
猫ですけど、リビカですけど・・・!あっちでも、これくらい言っちゃったら、悶絶して倒れますけど…!
ラメントやりたいです…

今月に入って、このブログに書いているホモゲはなんと、これで5本目です。玉響ほしいです。
シキ覚えたんだから、ライ、コノエ、アサト、カルツ、アッシュ、ラゼルを覚えてください。何度も書いているような気がするのに、アキラもアだけ、ケイスケは欠片も名前を覚えてくれません。
何故だ…

花町物語は主人公が緑川です。ええ、シキティです。我が君、我が上司でございます。
が、キモイィィィィ!!!
「あっ」とか「わあ・・・兎さんだぁ」とか、お前なんだ!?気持ち悪いぞ!今まで、ずっと「雑魚が」とか「君はバカか!」と罵られていた身としては、キモさ満点。
何より、主人公の美しさを讃え続ける文章に耐えられない。「つぶらな瞳」もそうだし、「小さな口には〜」もげんなり。
ここはやっぱりキラルの主人公が逞しすぎたのかしら?わたしはアレくらいの方が好きだったなぁ…あまりにも環境に順応しすぎてる。恐ろしい…!
スタートは明らかにシンデレラなのに、途中からスポンジの如くなんでも受け入れます。おかしい、おかしい!こんなにもエロス慣れしてしまって良いのか?まあ、そういうゲームだからいいんだろうが…何かが萎える。とても萎える。

まあ、それでも、一応ボイスオンのまま、五十嵐エンドにたどり着きました。
ぶっちゃけ、ほとんどボイスを飛ばしました。緑川が耐えられなかった…絵師だったので、筆プレイ。わーやっぱり絵描きとくれば筆だよね。
ただ、バッドエンドでは、主人公の体に絵を描いて、作品として発表されるのかと思ったら、全然違うのですね。あっれー意外にまともだ…と思いました。でも、あれですよね、視姦ですよね。
ベストエンドはほのぼの。あー微笑ましい。ああいう未来はいいね。若干、二人のイチャラブっぷりがウザイんですがね。
えとは、特に何も。うーん、思っていたよりもプレイが濃くない。そして、時代背景がほとんど生かされてないのが勿体無いなぁ…

和泉は裏切られると思ったら、しょっぱなから見た目通りじゃないと分かりました。
朔夜も見るたびに裏切られるんじゃないかと思います。主人公に優しいキャラを見るたびに、こいつはいつか裏切るんだ。と思ってしまいます。
一体、いつからこんなに怯えるようになったんだろうか。ああ、ぼくわたのレナートですね。すごい好きなキャラクターだったので、お前なんて俺の食料!的な見方にショックを受けたのです。
レナート…orz

次は各務を落とします。
キリヲ(梶山)はそのあと

やっとプレイ開始です。
ですが、エンディングがどうなるのか知らないので、右往左往。キアの依頼をこなし続けたんですが、あれはいったいどういうエンディングがやってくるのかしら?
キアの過去の話がチラホラでてくるんですが、依頼のすべてをランクAで完了させないと、終わりまで見られないのでしょうか。
よくわからないので、途中経過。
シルヴィオ→エドゥアルト→ディルク→ティモの順で依頼遂行。
ランクはすべてAですが、イェンスを最初に選択せず、次にやろうと思うと期限切れ。さらに、エドゥアルトが終わるまでアリーの依頼はくることがなく、ディルクの依頼を遂行した段階で、彼の依頼は期限切れ。
うまく時期をずらしていかないと、依頼をすべて遂行することはできないようです。これを踏まえてもう一度、最初からやり直そうかと思います。


シルヴィオ
体験版で、すでに一度やったことがあります。かわいいな、こいつ…!と思った記憶があります。やっぱりかわいい子でした。
意地っ張りで、ちょっと素直になりきれない感じが、グッときます。強気受けもイイナ、と思わされるキャラです。男の涙も、可愛いじゃないか。
キア受けルートのシルヴィオは笑った。

エドゥアルト
コレでキア受けないかな…!?と思いました。あったら、ときめきすぎて倒れるという自信がありましたが、結局なかったようです。逆にショックを受けつつ、彼の腹黒さが恐ろしい。
やわらかい外見に似合わない、自分自身を試そうという、エドゥアルトが怖い。
神への愛を試すとかいって、キア使うなよ。だからって、ホモの道に進んでいいのか、エドゥアルト…!

ディルク
ドツボ…!一番、可愛いと思って、キアと一緒に組み敷いてやりたいと思ったのは、ディルクだけです。
あの純情ボーイ、ピュアハート。
そして、何の気の迷いか、一度抱かれたらそのままキアにLOVEを感じて、堕ちる所まで堕ちてしまいました。あの手練手管が良かったの?あの度胸が良かったの?
ディルクにほれ込んでいるキアも好きです。CPならキアディル…!
しかし、彼のルートだけ、扱いが…ディルク可愛そう…でも、さりげにルイーズも男前でした。

ティモ
男娼キタコレ!でも、キャラとしてティモに魅力はあまり感じない。やっぱり漢受けの方がグッとくるものがありますよね。
キアと張るであろう手練手管には興味があります。どっきどき…ティモとディルクが出会ったら、ディルクが貢ぐ男になるのは眼に見えていると思う。ハマると思うんだよね、ディルク純情だから。



総合して、キアは漢に対しては攻め、ちみっちゃい子に対しては受けだったら最高にいいと思います。
マイナーとはわかってますけれども、そうだったらいいなー…orz

よっしゃ、フルコーンプ!
にゃんこの前にノート!の合言葉の元、必死になってプレイしました。これで、Lamentoに帰れます…!もう同時進行はしないと決めていたので、いや、これが終わるまで長かった。4日くらいですか?
さておき、こちらは何故だか、やるたびに話がよくなってくる気がする。兄貴が一番気持ち悪かった!(だから、それもどうなの)
はい、誠二クリアです。

誠二はすごいやんちゃな子供で、可愛いったらありゃしない。見ていて、この子が一番癒される。無邪気に懐いてくれるのも嬉しい。頭、ナデナデしてあげたい。
本当に君は癒し系…!
だからこそ、こういうゲームだと一つくらい主人公攻めがあるものなので、明誠二だと思っていたら違うのですね。徹底的な明受けゲームだとは知らなかったよ…いや、そんな君も癒されるから好きだよ。

ダークルートは絶対に先に見るをモットーに進めております。そして、案の定、気分は氷霧鬼畜ED…何度も言うけれど、わたし、S心はあっても同意の上とかさ、そっちのほうが良いわけですよ。
虐待をしている母親の気分なんて味わいたくないわけですよ…!
悲しかった…何度も何度も謝ってくるのもつらいし、そうさせている自分がつらくて、涙が…これなら、相当無理やりの正臣や兄貴のほうが良かった…

そのほかは、ひたすら、誠二の好奇心が恐ろしいです。お前、そんなに無邪気に道を踏み外して良いものなのかい!?
ちょっと冒険してみようか。という気分なのかもしれないけれど、ホモに目覚めるというのはそこまで無邪気に行って良いものじゃないと思うのだよ。
しかも、使用する小道具はどれもおやじっぽい…ハチミツといい、筆といい…信じられん。一番信じられないのは、BADEDの誠二の変貌っぷり。男前って言うか、変態って言うか、言葉が見当たりませんが、衝撃的でした。
ナチュラルSっ子はもう勘弁。
あれが、誠二か…

ベストルートは文句なく素敵です。ああ、可愛いからいいんじゃないかな。
誠二の可愛らしさを損ねることなく、かつ攻め攻めしいかんじが、すごくイイです。うっかり海外までいって結婚する行動力もすごいしね。
どこで結婚したのかなぁ 気になりますけれど、わーお幸せに!
義父はきっとママンの足舐めてれば満足だろうよ…!(女王と下僕だ、あれ絶対)

さーLamentoやるぞ!
って、テレビをつけたらアンジェリークやってる…!ローカル番組?



にゃんこの前にノート!が合言葉です。
もういっそ18overのカテゴリを作ったほうがいいんじゃないかと思い始めました。今更ですかね?つか、帝国千戦記を直すのが面倒なので、このまま混在で行きます。
いいよね、今更だよねー(開き直り)

正臣ルートをクリアしました。
やりながら、なんだ、普通に良い人じゃん!と思いながらやってました。あれ、なんであんなに兄貴がダメだったんだろう。現代じゃ、それくらいしか出来ないよね…!というツッコミを頂いて納得しました。
やっぱり、表面化してないのがダメだったんだ…あ、アレ・・・?それ考えたらラブレボすごくない?BLだったら、史鋭慶がいまだにドツボです。次点がライ。ひっそりだけど、溺愛でしょう?

まあ、それじゃない。
ベストルート以外のエンディングを迎えると、確実に正臣のおもちゃです。ラゼルEDで使うんじゃなかったかもしれません。俺、肉奴隷…!
えっと、スカーレットトローンボーン(身内ネタ)(略してください)をゲームでは初めてみました。重いほうじゃありません、流石のわたしも、そっちはちょっと敬遠気味です。
でも、なんだか凄く楽しそうなので、まあ、良いんじゃない?という気分にさせられます。これが、みらくるのーとんの恐ろしいところです。他は書くまでもなく、肉奴隷。

ベストルートのエンディングは二つとも好きです。
純を交えた三角関係(あれはそう呼ばない)はすごい可愛かったです。純の誘惑に負けそうですよ、あれ。猛烈アタック、開口一番はねぇ、暇?ヤろうよ。うーん、ヤツは強いです。人間版のーとんは逞しい。
ベストルートでも、その逞しさは健在です。正臣の存在が霞むくらいです。
つか、正臣ルートなのに、純単体、もしくは一緒に居るスチルが3枚?あること自体がおかしいです。正臣ー!このルートの相手は君だよ、しっかり!

ダークルートは案の定怖い。
正臣受けのエンディングは明の性格が悪くなりすぎて怖い。
刑務所送りは尚更切ない。お、お前…!良いやつすぎて切ないです。俺のためにそこまでしなくたって良いんだよ。と思いながら、刑務所に通う気満々です。
お前のためなら、毎日だって会いに行ってやるさ…!

お気に入りEDは純を交えた、三人のエンディング。可愛い。




LamentoはライEDの余韻に浸りたいとか、可愛いなーと思う気持ちが先行して、EDを繰り返し見て進めません。でも、最終選択からエンドロールまで、大体1時間あります…長い。
フラウドEDからの時間は…考えるのをやめましょう。楽しいから良いのです。
気になるのは、ライルートにあるちゅースチルが一つ見つからないこと。ギャラリーにないんだよね…あの、ライもコノエも可愛かったのにおかしいな。


さて、そんな余韻は語りだせば止らないので、一時ストップです。「緋色の記憶」と同じような状態に陥っていますが、気にしない。
結局、のーとんは兄受けルートを開拓しました。
ええ、ありました。糸を使っているあたりで、兄受けは絶対にあると確信しながらプレイしていましたが、よりにもよってダークルートにあるとは思わなかった。
つーわけで、思っていたより兄受け楽しくなかった…基本的に、明陵辱ルートと考えて差し支えないので、ヤられて機嫌が悪い八つ当たりに兄貴を利用したみたいでしょんぼり。
でも、弟を犯したいと思っていた兄貴なので、その弟に触れられてドキマギですよ。いや、可愛くないわけじゃなかったんだけど、その後の性奴っぷりがなー…SMは嫌いじゃないけど、もう少し落とし甲斐があると良かったかな。兄貴、簡単に手に堕ちすぎなのさ…!

ですが、もう一方の完全ダークルートの切なさったらない。
攻略対象が兄なら、執着も愛着も人並み以上で気持ち悪いくらいが大好きなので、このルートはちょっとしょんぼり。悲しいという意味でしょんぼり。
壊れてしまうのでは意味がないのですよ。兄を他者に陵辱された上に壊されたんじゃたまらない。壊すのなら自分の手で、僅かの反抗の意思を残したまま堕落の道を選択させたいので、こんな結末は嫌…!
なんていうか、激しい兄の執着をここで見たって嬉しくない…!壊れて尚、明しか見えていない兄は最高にグッときたりするけど(…)、こんな結末は楽しくない…!

つーか、ピー音は萎えます。(恥らえって)




Lamentoの片手間にやっていましたが、気分は帝国千戦記とラブレボを同時進行より悪いです。
片やシリアス調、片や素晴らしいテンションと単語の羅列。一緒にやると麻婆豆腐と、モンブランを一緒に食べているような心地になります。もう二度とこんな風にはやるまいと思いました…。

Lamentoでは長々と語ったようにライEDを迎えました。電波は…めいっぱい飛ばしていたかもしれません。卑猥な言葉はあんまり言わなかったと思いますゲームがゲームだから。
ただ、気がつけば、殆どを家族がいる前で堂々とプレイしたことに気がつきました。
が、こちらはそんな勇気は出ません。初期選択からしてどうしようもありません。
簡単な攻略メモは下に書いてあります。いつ、卑猥な単語が飛び出すかわからないので、背後に注意(わたしもね…!)


さて、兄貴マスターになるぜ!という勢いでプレイしてみました。もう、しばらく兄貴は要りません・・・・
つーか、あの兄貴は色気を振りまきすぎです。足を舐めるって言うか、あれは舐めまわすって言うんだよ、お兄ちゃん…!体を拭くついでに、普通の人は洗濯バサミなんて持ち出さないんだよ、お兄ちゃん…!弟にオナニー見られたいなんて思わないんだよ、お兄ちゃん…!あまつさえ、そのまま弟の後ろを開拓しようなんて思わないんだよ…!
すさまじい速度で体を開拓される明を、そこはかとなく生ぬるい目でみていました。別の人のルートはどうなのか知りませんが、これは明らかにお兄ちゃんが悪い。
善し悪しの問題ではありません。気持ち悪いんです!(あれ、酷いいいよう)
なんとなーく、わたしはこの手のタイプのお兄ちゃんは好かない気がします。基本的に盲愛、溺愛を好む性質のようなので、中途半端は一番だめです。彼女か、オレかどっちかにしろよ!というわけなのです。

ま、最終的にベストEDだといい感じですが、それ以外だと悪いです。
でも、お兄ちゃんのS心はわからないわけでもないです。嗜虐心を煽られるのは良くわかる。
糸使ったときの明の反応が一番好きです。可愛いよね…!次いで蝋燭。洗濯バサミはどうでもえぇねん。とにかく、糸…!(嗜好が…)

次は正臣ルートです。名前を呼ぶたびに複雑です。おみん・・・



今度はPS2版です。李暫嶺ルートはそっちにしかないので、今回はPCじゃないです。ちょっと声優が違うので違和感です。

たまに検索をかけられているようなので、書いておきますが、李暫嶺ルートは李琉舜ルートと同じ過程を辿り、「兄代わりだったのかも」という選択肢を選ぶことでは入れます。その後は、「今までと変わらないから平気」、「後をつける」、「李暫嶺の気持ちは?」だったはずです。
李琉舜の家に行く前の李暫嶺スチルと、膝枕は最高にドキドキします。
よりにもよって「声をかけずにはいってくるとは思わなかった」という李暫嶺が大好きです。動揺が如実に現れていて可愛くて仕方がない。

あと、わたしは今でも史鋭慶の屋敷を追い出されたのは、彼を前にして二人でイチャついているのが、彼の目に余ったからだと信じています。膝枕の頃だって、一瞬引いて、「好きにしていろ」と言った感があるので、あまり酷くなったら、史鋭慶は追い出すと思う。
わーすごいですね!てゆーか、史鋭慶と李暫嶺を含めた3Pとかあったら、美味しすぎて倒れるかもしれない。

次は史鋭慶ルートでも振り返りたいですね!
忘れもしない、氷霧の鬼畜ルートはわたしの心の傷…

氷霧クリアです。
頑張りました。PS2をやった時に、戦敗EDならば、氷霧が一番好きでした。しかも、PS2でも一人で泣いた…。元堅はその次で、もう ワンコのような氷霧が可愛くて仕方がない。トコトコついてきて、『青樺』って一言。・・・たまんねぇ!ボイスがすっ飛ばせない挙句に、笑っているイラストに心を鷲掴みにされる。
うっかり史鋭慶よりも幸せにしてあげたくなる。

無印BESTと千夜BESTだと、無印のほうが未来があるなーと思う。千夜BESTはそれこそ史鋭慶の鬼畜ルートの気配が漂っている気がしてならない。氷霧は国が安定するまで城から出ないだろうし、成果は農業の勉強にいけないだろうし、停滞系のエンディングだと思う。が、氷霧が幸せならいいや。わたしも、氷霧が手放せないんだ、こんにゃろめッ
とりあえず、気分はラブレボの若月龍太郎です。

や、やるんじゃなかった…と思いながら、鬼畜ルート。入るためには、青樺の後を着いて来る氷霧を、突き放さないといけないので、心中ゴメンを繰り返す。こんなところでゴメンと繰り返すわたしに、この先を平常心でプレイできるわけもなく、虐待をしてしまう母親のような気持ちで涙ながらプレイ。
本気で可愛い子なので、泣けた…迂闊にもボイスを聞いてしまったので、尚更にきてぐったり。も、もう この子の鬼畜ルートは振り返らない。

なんだか、全体的に氷霧に感情移入しすぎた感があります。ちょっとBADEND系は泣き通し。ボブゲの方が少女漫画度は高い。

テンションが違うだけで、属性や方向性のそっくりな史鋭慶・鷹士お兄ちゃん(兄妹ルート)クリアです。

PCで史鋭慶の、どこまでも低いテンションに、いつになったら話が進むんだよ、早く皇子が史鋭慶を自由にはしてくれまいかとジリジリ…李暫嶺については彼を怨みつつ、ルートに入ってしまえば怒涛の勢い。ゆっくり話が進んでいくんじゃない、気が付いたら数ヶ月という月日をショートカットしてくれる彼のルートが大好きです。
史鋭慶の基本コンセプトが依存と勝手に解釈しているので、無印BADは心中だし、千夜BADは拉致監禁に始まって隷属に近い形で閉塞という救いようのなさ。後者は死んでいないけれど、生ける屍のような感じです。緋色の兄様のED2(『閉じた世界』)並みに停滞するエンディング。いや、でも、史鋭慶本来はこうだから結構気に入ってます。
無印・千夜BESTはどのみち、二人で旅に出ちゃうんだね。え、ヤりたい放題だって?その通りだろう、ちくしょう。惚気混じりに、『青樺の捕虜だ』という史鋭慶だからね。(大好きだ、ばっきゃろ)

ラブレボをやりつつ、シノブの声優が緑川なもので、ここに史鋭慶(腹黒い)がいる。と含み笑い。いっそシノブ並みに感情を表していれば、史鋭慶にBADEDなんてなかったんじゃない?(笑)
お兄ちゃんは兄妹エンディングを迎えたのですけれども、その執着たるや、テンションの高い緋色の兄様のようでした。ただし、兄様ならば決してどんなことがあっても手放すことなんて無いな。必ず、自分のところに帰ってくるって確信しているもの。
キーワードはウチワ、ペリドット、フラダンスの三種なのだけど、BEST ED後日談だから、保留。

スチルとイベントが埋まりきらないのだけれど、エリザベスとゲームセンター以外でイベントは起こるの?(問屋・薬屋通い詰め済み)


PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM