本屋さんで平積みされており、気になっていたところ、義父が読んだそうで『子供をもって産め!』といわれてドン引きしていた本です。
それでも、どんな本か読まないことには真価はわからないし!と読みました。

『若い』人口が減ることによる弊害について、時系列に沿って書かれているのはわかりやすく恐怖をあおってきます。
では、どのようにしてそれを打破するかについて、先日読んだ『劣化するオッサン社会の処方箋』がわかりやすいのではないかと思いました。
凝り固まった『高齢者』が増えることが一番の問題なのだと思います。
当然のように子供の絶対数が増えねばならぬ、とも書いています。
子供3人目から1000万円!とか起爆剤として投入してはどうかとの提案、待機児童の多いエリアでは効果を発揮しなそうですが、田舎では効果的かもしれませんね。

そろそろ高齢者は敬われるのではなく、出産可能年齢女性のほうが敬われる時代が来るのかもしれませんねー
ご母堂様とお呼び!みたいな?

めちゃくちゃあおってくるタイトルですよね、新書っぽくて好きです。なんというか様式美。
つまり主題はサブタイトルのほうという認識です。
SNSでわたしの好きな人がお勧めしてたから読んだのです。

まず、タイトルの【オッサン】という表記について、社会で上位の役職を占める男性で本書の【オッサンの定義】に沿う人のことを【オッサン】と呼び示しています。
ここでお気づきだろうか、社会的上位者が【男性】によって占められていることを示しているのです。
非常に日本的な表現だと思いますよね。

【オッサン】についてはさておき、よりよい社会のために人を批判するばかりではよくないというのがよくわかる本です。
自分自身の市場価値を高めることを辞めてはいけない、それが晩年期に大成する術だ、というのが大意です。
大成することが必要ではないと思いますが、死ぬまで楽しく過ごしたいなら勉強を辞めないほうが良いでしょう。
その勉強は座学という意味ではなく、実学も含めるのでトライアンドエラーを繰り返すしかないのかしら。

チェレンジは何かを辞めること、については仕事をキッパリ変えられる人は多くないでしょう。
家族がいるということは、会社にロックされてしまうということを意味しているのが日本です。
共働きなら片方がチャレンジして、というのを交互にできてよいですね。
今の時流はやはり共働き!

評価:
価格: ¥ 15,654
ショップ: 楽天ブックス

放映当時も楽しんでみていましたよ。
富豪刑事が楽しかったから、続編のデラックスも楽しいに違いないと思ってみていましたね。
とにかくお金を使いまくって!みたいな話も続編だと二番煎じ感が出てしまったことは否めませんが楽しかった!

あとは今、振り返っているからこそわかるものとして、深キョンのファッションですね。
最初の頃のネイルはスカルプにごてごての装飾がはやりの時期でしたが、デラックスの頃にはスカルプでもフレンチなどが主流だった模様。
それからデラックスはボディにラメパウダーがはやりだったんですねぇ
細眉もほほえましいと思いながら見ました。これはバブル期の太眉を見ている気分と同じです。
髪の毛の色も明るい茶色で、今のダークトーンとは異なりますね。

総括すると、深キョンは今も昔も美しいでございます。
はーナイスバディ見習いたい。

グリム童話を現代経済に当てはめて、面白おかしくしてみた話です。
表題の白雪姫やシンデレラなど、本来のお話ではこうだったけれども、主人公たちがこのように動いたならば運命は変わった!という短編集です。
ヘニーペニーのお話は全然知らない話だったため、いまいちピンときませんでしたね。無知は罪深い。

とてもライトな切り口の経済本は最近増えている感じがいます。
こういうの好きだよね〜
ボリュームもないし、サクサク読めるのでとっつきやすさはNo1!

誰が誰の心を盗むんでしょうか、カリオストロの城ですかね。盗んだのはあなたの心です!
そんなサブタイトルがついております2巻です。

ブランジェリークレバヤシはそれなりに仲良こよしで運営されていますが、実際の売り上げとかどうなっているのか気になりますね。
結婚詐欺師が乗り込んできたのかと思ったら、もっと面倒なのが乗り込んできていたり、普通に盗人でしたね。
なんとなーく続きを読もうかな、と思わせるお話


PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM