自宅でWOWOW映画祭りです。
今日はハンコックをやっていたので見ました。
洋画って、最近はパッとしないというか、リメイクだとかそういうものが多いと思って敬遠していましたが、これは楽しいですね!てか、日本映画もリメイクとか多くなってきましたね。洋画のことも言えません。
うっかり『タイタニア』に気をとられて、冒頭を見逃しましたが、そこがちょこっと欠けても問題は無かったはず。
劇場で予告編を見たりしている限りでは、ヒーローになれるはずなのに嫌われ者が、好かれるように頑張るよ!という話だと思っていました。
まあ、大まかな感じでは間違っていません。とてもおおらかな目線で考えて、間違えた切り口ではないです。
結論だけ言うなら、ちょっと違いますけれども。そこら辺は、寛容な心で。

洋画の良いところは、邦画に比べて伏線を張っても、それがとてもわかりやすく説明されてる点です。
ハンコックの存在に、ああ、なるほど!と思うことが出来ました。『神』、『天使』、『スーパーヒーロー』その時代に合わせて呼ばれ方は変わるけれども、根本的に人と異なるところは変わらないのですね。
彼らが死ぬためには、自分のパートナーと添い遂げるしか手段がないというのが面白いです。ちょっぴり『DARK EAGE』を思い出しましたが、それは全く無関係でした。
ハンコックでは、互いのことが大事だから、今回は離れる。という結論に至ったみたいですが、面白い。何しろ、その『離れる』という距離が!
きっと、1キロも離れてしまえば、彼らは問題ないのでしょうね。個別に、パートナーに出会えるまでの殻が出来てしまうのでしょうね。そんな近距離でよいの!?とビックリです。

オチが楽しかったので、これは好印象!


WOWOWでやっていたので、これ幸いと見てみました。
そういえば、これの予告編を劇場で見た記憶があります。そうそう、引きこもりの小説家が旅に出る話。そんなあいまいな記憶しかなかったんですけれども。
考えてみれば、定期的には劇場に通っているのですね、わたし。今年は何を見たかしら。『60歳のラブレター』も見ましたね。劇場ではないところも含めればもっと数が増えそうですが、やっぱり『トワイライト』は周囲の評判ほど楽しくはないと思うのですよ。

さて、幸せの1ページ。
冒頭を見たときは、さっぱり内容がわからなかったのです。むしろ、予告編の記憶すら蘇らなかったのですよ。
大自然ばかりで、これが引きこもりの小説家とはなかなかつながらず・・・いやもーむしろ、他のネイチャー映画かと思ったくらいです。
でも、見てみれば、内容はとても楽しかったです。
引きこもりの小説家の葛藤。そうよね、そうよね、結構、勇気を振り絞って旅に出たと思うの!
グイグイ物語に引き込まれていくのだけれども、あのオチは何?わたしにはいまいち納得がいかないのだけれども、あれは何?
引きこもりの小説家が新しい一歩を踏み出しました!というオチでよいの?え?本当にそんなオチでよいの?
結構、ぶっつり終わってしまって、まとめ方がいまいちだったと思います。くっそ、本当に手前まですごい楽しかったのに!
はぃ!?と途切れてしまいました。もったいなーい!

ちくしょ!と思いつつも、途中が楽しかったので、まあ、うん。普通?
オチがよければ満点!というところでした。


うちの先輩は、映画となったら、わたしの見たいものの大半を持っています。恐ろしい人です。
『ジェネラル・ルージュ』が見たいんですよね〜と言ったら、『あるよ』と即座に返答がきました。本当に、恐ろしい人…!

とりあえず、原作を読んで、速水先生が素敵だったので、それ目的に見たんですけど…速水先生が思いのほか、かっこよくないですよ?どういうことですか?
寧ろ、微妙に、かっこ悪いですよ?
やっぱり、田口先生に対する『血が怖くて逃げ出したヘタレ』というのならば、田口の性別は男のままにするべきでした。なんだか、それを言った速水が、ただ仕事に疲れて愚痴っているようにしか思えません。
原作における、田口、速水、島津の3人が学生時代の友人であるという設定がなければ、微妙です。
ミステリとしての要素も、もはや薄れてしまったようです。満足し切れません。

やっぱり、『ドクターヘリはどうして飛ばないんだ!』というのは、田口先生ではなく、速水先生であるべきです。
沼田先生には、ネチネチと速水先生を攻めていただき、黒崎教授によって、速見の辞職は認めない。といわせるべきでした。黒崎先生の発言で、速見の意思としての素晴らしさが強調されるのです。
ラストのハッピーエンドな感じも許せません。ドクターヘリは導入できなかったじゃん…!できないままで、速見は飛び立っちゃうんじゃないの…!最後に、実はドクターヘリ導入のために、速水が書類をそろえて持ってくるのを待っていたんだ。と言って欲しかった!
んで、花房に対して、隼の居場所は…と速水に言ってもらわないと…!!!!!

速水が見たかっただけなので、ものすごく不満です。
あんなのじゃ、速水先生のかっこよさが生かしきれないのよー!!!


テレビでやっているのをみました。
親と笑いながら、ころころしてしまいました(笑)
最初、映画のポスターを見ていたら、不思議と『大停電の夜に』を思い出していたんですが、一体何がわたしの記憶を揺さぶったのでしょう。謎です。それでも、なんだか楽しかったから良いです。
そういえば、『有頂天ホテル』に続いて、こんな感じのコメディですね。楽しいからわたしは好きですが、タッチが似ているのは、やっぱり同じ人が脚本で監督だからですね。同じシリーズではないのだから、ほんの少し変えて欲しいな、というのはワガママでしょうか。

キャストは相変わらず豪華です。わずかなときのために、良い人をチョイスしてきます。主役級がエキストラ扱いです。ちょっと、美味しい感じです。
ストーリーのちょっと無理な感じも、ファンタジーだと思えば楽しいです。たまには、こういうくだらないので、きゃっきゃいうのもいいと思うの。久しぶりに、映画で笑いましたもの。
あと、佐藤浩一が素敵だった!お茶目で、ダンディでした。
色々楽しいところはありましたが、それは見て楽しんでいただきたい。やはり、映像は映像でしか表せない空気を作り出します。二次元に存在する言葉では表現しきれないものです。三次元の、立体的な空気が一番正しい姿を映し出します。

ママンが存外ハマって、後日また見るそうです。
でも、二度目は楽しめそうもないなーカラクリを知っている手品みたいです。


先輩にお借りしました。
というか、面白かったというから、借りてみました。原作は知らないんですけど、これは原作よりも手前の話らしく、全然困らなかったです。
寧ろ、このあとに原作があるのだというなら、一体どういう話なんだろうか…不思議です。

ストーリーというストーリーがないので、どうやって説明したらよいのかわかりませんけれど、男たちの熱い友情が楽しいです!
他は何もありません。なんかこー、男が男を信頼して、結束を固めて、お前のためなら命を賭けるぜ!みたいなノリが楽しいです。プチ戦国時代みたいな。
実際、舞台になっている学校は、完全に戦国時代みたいになってるんで、間違いはないと思います。
最初は敵対していた人たちも、お前のためなら俺は…!と団結していく様を、とくとご覧あれ!

わたしの個人的なオススメは伊崎です。
『戦争にきれいごとはいらない』とか言っていた子が、『ダーツ教えてやるよ』に始まり、最後には『死んでも守ってやっからよ!』になります。
ダーツは手取り足取り、守るときは、BASARAの伊達に小十郎が付き従うが如きです。
この信奉っぷりに、胸が打ち抜かれました。ああ、可愛い…!伊崎、すごく良い…!!!たまらなく可愛い!!
うわーこんな信奉者がいたら、やる気が出ますね。勝たなきゃダメですね、男なら!クローズの楽しさを見出したような気がしました(笑)
先輩、伊崎が見たいです…続編…!!!

キャストは豪華なので、自分の好きな俳優が出ているなら、見る価値はあると思います。男の友情をみるのたまんね・・・!(笑)
返却したら、先輩に続編をねだるつもりですが、もしかしたら、連続してみると胃もたれを起こす作品かもしれません。基本的に、喧嘩以外のシーンはほとんどないですからね。中身がない…orz
伊崎がいなければ、わたしも楽しめなかっただろうに…(どんだけだ)


この前、テレビでやっているのを見ました。
映画を放映しているころ、これが売れた記憶がちっともないんですが、どうだったんでしょう?確か、『京極堂』シリーズの映画もやっていたような気がして、それとかぶっていたなーぐらいの記憶しかありませんでした。
なので、最初はホラーかミステリか?と思っていたのが、実はハートフルコメディ系と聞いてビックリしたのを覚えています。
今回は、ちゃんと事前情報があるので、ホラーとか、ミステリだとは思っていませんでしたよ、もちろん。
キャストが意外に豪華だったんだなーと思いながら見ていました。
この頃、妻夫木うれてたんだっけかなー…なんて。それよりも、これをテレビで流していた日、大河ドラマはやってるは、unoのCMはやってるは、さらにそれの宣伝でテレビ番組に出演してるは、これもやってるで、なんだか妻夫木尽くしな感じがしました(笑)

時代背景は、幕末。主人公は、下級武士の次男坊。
婿養子に入った家から離縁され、実家で細々浪人中。友人が出世しているのを見て、ご利益があるという稲荷を詣でたつもりが、酔った勢いで別の神社に詣でてしまう。
さてはて、彼が詣でた神社の神、それはいかなるものなのか…!!!!

とまあ、そんな感じです。
神様にまつわる話とかは、そんなに陰惨だったりしません。寧ろ、神様たちがハートフル!なんだか、人よりも情に厚いというか、人と同じくらいの反応というか…楽しかったです。
一番最初の、西田さんが個人的には良かった(´▽`)うまいっすねー
最後の女の子、名前を忘れましたが、彼女の年齢を重ねた神様の割りに、単調な言葉が印象的でした。もう少し、神様なら抑揚が欲しいけれど、逆に、アレくらいの方が面白い。
なにせ、彼女がやる神様は、そんなに情感を込めて話すより、あっけらかんとしていたほうが、その冷たさがわかりますもの。だから、あの蓮っ葉な感じが可愛かったです。うおー、やばい、ちょーかわいい。
『好きで好きでたまらないのさ!』と言った彼女の、恋の手腕にビックリです。えー!そうくる!?と思いました。


全体的にクオリティが高かったので、これは映画館で見ても楽しかったかもしれません。
妻夫木の最後の姿はかっこよかったよ!出世したねー(笑)
なんだか、『生きることは、死ぬことと見出したり!』という感じでしたが、そういう時代を考えたら間違っていないのかもしれません。
次は、『ザ・マジックアワー』を見ようかと思います。
ケータイは、『オーヴァードクロック』をリプレイしているので、攻略を載せます。もう少し簡単にしてね。


今回のドラマは不調ですよね!楽しくない!
と、先輩と一緒に言い合っていて、ドラマがあまりにもつまらないから、先輩セレクトでDVDを貸してください。と言ったら登場しました『ランゴリアーズ』
わたしがいるフロア内で、先輩が地道に布教活動をしているDVDです。ちょうど、返却されてきたところだったらしく、そのまま流れてきました。みんなが、口をそろえて面白い!といいますが、同じくらいに最初、180分という長さに、『はぁ!?』といいます。
3時間もあるものって言ったら、わたしは『ロード・オブ・ザ・リング』しか思い出せません。
でも、DVDをありがたく…

考えてみたら、最近の洋画はつまらないなぁ…とちっとも見ていなかったんでね。登場人物が、全員、英語を喋っていて、思い出しました。
『ランゴリアーズ』ができたのは1995年、まだまだ、楽しかった頃だと思います。ハリウッド映画が面白くないと感じるようになったのはいつからだったかしら…orz
それはともかく、3時間という長さを、それと感じさせない出来でした。あっという間に、ラストです。
テンポがとてもいいです。わあ、ハリウッド映画が楽しいのは、ここだよねー(´▽`)

おおざっぱな話は、飛行機に乗っていた客が10人だけ残して消えてしまう。困惑しながらも降り立った空港にも人はおらず、彼らはこれがタイムトラベルだと判明。いかにして、『現在』に戻るか、を模索する映画でした。
タイムトラベルもので、こんな風に『現在』から外れた時間を描いた作品を、わたしは初めて見ました。
過去に行けば、過去の歴史上の人物たちに会えるし、未来に行けば、そこの科学を体験できるもんだと思ったに、これはそうじゃないんですよ。新しい…!
ちなみに、これはただのSFのカテゴリーじゃない未来です。ホラーの要素が入ります。と言っても、日本的なホラーの意味ではなく、パニック映画って感じです。

でも、ダイナがトゥーミーに対して『あなたには気の毒だけど、わたしたちにはあなたが必要なの』と言った理由を考えると恐怖です。
彼女はずっと、『わたしたちが(生き残るためには)彼が必要なの』といい続けていたわけです。それを、一番年下の彼女が言い続けていたと思うと、それのなんと残酷なことか!と思わずにはいられません。
しかも、彼女はトゥーミーを死なす場所まで誘導しているところに、ホロリ…

疑問点としては、なぜ、拳銃は使えなかったのに、ナイフは武器として使用可能だったのか。
本当にもう、ここだけが疑問です。この不思議が存在するだけで、人が死んだのです。くそっ!と思わずにはいられません。なぜなの!?


アマルフィ〜女神の報酬〜(http://www.amalfi50.jp/index.html


見てきました、アマルフィ。日曜日にですけどね。
六本木ヒルズの映画館が込んでいたんで、日比谷のスカラ座まで足を運びましたよ。ついでに、有楽町マルイまで足を伸ばしたんですけど。いやー、やっぱり東京・銀座・有楽町のあたりはいいですね!ゴミゴミしてないし、見通しが良いです。
スカラ座は初めて使いました。有楽町辺りだと、あそこ、西武に隣接されているところしか使ったことしかなかったんですけど、思いの外綺麗でした。
あそこは行ける距離なので、これからは積極的に使ってみようかな。
個人的に、好きな映画館は豊洲、新宿ピカデリー、シネマイクスピアリです。どこも広くて綺麗です(´▽`)
ちなみに、帰り際の出口付近に、わんさかドコモのキャンペーンガール的な人がいました。『アマルフィ・ビギンズ、BeeTVで放送中です〜!!!』と言っていましたが、そんな戦略には乗ってやらないんだぜ…!素直に小説読めって話です。


中身は、全部イタリアロケだそうです。佐藤浩一が言ってましたが、ワンシーンだけ日本で撮ったそうですね。そこら辺は全然気にしていなかったんですけど。
ほら、背景って意外に目に入っていないから。でも、やっぱり綺麗なもんですね。日本が汚いというわけではありません。寧ろ、個人的には西洋建築よりも、日本の神社仏閣・古き良き家屋の木材の温かさが好きです。そこには、神がいらっしゃるのです!(笑)
なので、イタリアロケであるか、そうではないかというのは、あまり気にしていませんでした。

織田裕二はやっぱりカッコイイですね!スーツが似合う男って良いよね。わたしのベストオブスーツマンは会社の先輩です。ケツがいい、ケツが!(言い始めて1年以上が経ってます!)
でも、どんな役をやっていても、織田裕二は織田裕二です。不満はないです、カッコ良かったから!
ただ、黒田外交官はとっつきにくいって言う…え?ツンデレ?ツンデレ?と思いながら見ていました(笑)
こんな人がいたら、きっと心強いとは思わないでしょう。寧ろ、最初は不安で不安で仕方がないと思います。わたしも、アマルフィに入る一日前の黒田さん辺りからなら信頼できると思います。

ラストは…おっさんに口説かれていました。OH!俺のところに嫁に来ないか?お前と俺なら向かう所、敵無しだと思うんだよね。俺と一緒にならないか?みたいな?意訳も甚だしいですけれど、こんな感じでした。
声の出演が、中井貴一でビックリしました。言われて見れば、確かに貴一!悪のエージェントの一歩手前みたいな声でしたけど、構わないのか…?

福山が女たらしで、天海さんは相変わらずの美人だった!母ってカッコイイ!
戸田エリカがポスターに顔を並べている理由がわかりませんでした。別に、いらないよね?有名どころを載せれば売れるとでも思ってるんでしょうか。ストーリー上はそこまで重要じゃないよね?福山並みの関わりしかなかったキャラだと思います。

でも、見て損はない!
きっと、DVD化するときにビギンズも一緒だと思うので、期待しています。一応、ほら、やっぱり見たいじゃない?(笑)
小説も読んでみることにしてみます。たぶん、今は借りれないだろうけれど。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(http://www.evangelion.co.jp/

劇場に足を運んだのは、5日の日曜日です。
素晴らしかった…えぇ、とても素晴らしかった。素敵でした。ええ、とてもとても。
テレビアニメも、劇場版も見たことがあります。その上で、見に行きました。前作『序』は劇場で見ませんでしたが、今度こそ、見ました。劇場で。
ああ、すごく幸せでした。
ネタバレとか、もう、気にしません。だって、公開2週間を過ぎましたもの。3週目に入ろうかという今、見ていない人が悪いのよ!くらいの勢いで、会社の先輩たちとエヴァトーク。
オタクを曝け出してしまっているのは気にしません。仕方がない…、仕方がないのよ。


スターと早々、マリちゃんと加持さんが登場します。
マリちゃんって、アスカみたいにエヴァを好いている感じがする…と思いつつ、見ていました。この子、不思議だわ。エヴァが好きなのかしら?エヴァから何を見ているのかしら?どこで、エヴァの裏メニューみたいな機能を知ったのかしら?
加持さんが『大人の事情に子供を巻き込むのは』と対なすように、『子供の事情に大人を巻き込むのは』といいます。
彼女は何をなそうとしているのかしら?
どこのバックアップで、何を望んで第三新東京市に行ったのかしら?
『破』での登場シーンが少なすぎてわかりません。LCLの匂いを好んでいるくらいしかわからないよ…!(笑)
加持さんはテレビアニメよりも若返ったような気がします。気のせい?(笑)

マリちゃんの登場でも思ったけれど、想像以上にテレビアニメとは内容が違います。あれよあれよという間に、違う展開に。
あぁぁ、過去との比較なんぞしている場合ではない!今は、今のエヴァを見なければいけない!と必死になります。
アスカの名前はやっぱり『惣流・アスカ・ラングレー』と記憶されていて、『式波・アスカ・ラングレー』って言われると、なんだか変な感じがします。
それでも、三つの『波』がどういう意味を成すのか、とても楽しみにしています。仕掛けがあるから、アスカは改名されたのでしょう?とても楽しみです。
そして、アスカが今回とてもセクシーでした。てゆーか、無駄に露出が増えましたね?そこまでオタクを喜ばせなくても良いのよ?と思うほどの、サービス。はっきり言って、ちょっと余計です…orz

サービスといえば、レイの微笑みも、出血大サービス!108分だけの大安売り!ってくらいに繰り出されていました。
わたし?もちろん、心を打たれました。ああ、可愛い!可愛いわ、レイ!
『ぽかぽかする』と言ったレイも、『碇くんがエヴァに乗らなくても良い世界』にもドキドキって言うか、もう後半はレイの可愛らしさに涙するところでした。
太ももに巻きつけてあった、シンジのカセットレコーダに恋を感じました。キュン死にできる(笑)

カヲルくんの出番は相変わらず少ないですね!テレビアニメのときも、登場が半端泣く遅くて、気がついたら死んでしまいました。『さあ、僕を殺してくれ』を忘れない。
その彼が、地球光臨と同時に、シンジに愛の大告白です。
もう、月からシンジをロックオン!ずっとシンジしか見えてない!Yes、フォーリンラブ!
そうして、美味しいところをガッツリ奪っていた彼が登場したところで、『破』が終了しました。
じれったいわ、こんなところで寸止め!『Q』が待ち遠しいです。

『Q』はカヲルくんと、アスカをじっくり堪能します。アスカの眼帯姿、すっごい可愛いよ?
精神汚染?きっと、大丈夫!
ちなみに、アスカがエヴァ3号機のパイロットとして搭乗したおかげで、トウジの死亡フラグは消失しました。本来、死ぬのは彼だったのにね

60歳のラブレター(http://www.roku-love.com/


ラジオを聞いていたので、存在は知っていました。
たまたま、社長の机の上に、これの小説が乗っていて、部長に『これ、読んでみたいんですよ!』と言ったら、映画のチケットを住友信託銀行の方から頂いたというじゃありませんか。
ください!と言ったら、簡単に頂けたので、行って来ました。
劇場に行って思いましたが、夫婦が多いです。それも、中年以上の夫婦が多いです。母子二人で行ったら、なんだか場違いみたいな感じになってしまいました。いいじゃん、夫婦じゃなくっても!(笑)
見たかったんだもん!


というわけで、久々の邦画です。
劇場で映画を見たのは、いつ以来でしょう…『怪盗二十面相』?これも、試写会だったような…
今の洋画に比べれば、外れる可能性は低いんですが、一抹の不安を抱きつつ。けど、すごい楽しかったですよ。
わたしが結婚したら、綾戸智絵のところの夫婦みたいになりたい!悪態をつきながらも、やっぱりお互いがお互いのことをちゃんとわかっているってとても素敵なことがと思いました。
主軸の夫婦は、たぶん、日本の中で一番多い夫婦なんだろうと思いつつも、こんな風にはなりたくないと思いました。失って初めて、その大きさに気付かれるよりも、もっと前から互いを必要としあっていたいじゃないですか。『結婚は地獄』と子供に言わせるような関係は嫌です。

プラスで、戸田恵子のところの50代のもどかしい恋愛も可愛かったです。
二人とも純情だ!すごい純情だ!人を好きになるって、エネルギーが必要なことなんだ!と思わされました。若ければ若いほどに、ただ、好きなだけで側にいることが躊躇われなくて、年を重ねるにつれ、好きなだけでは一緒にいられないんだぁ…って感じがしました。
けど、若くない分だけ、恋が大事にされそうです(´▽`)


やっぱり、これは夫婦で見に行ったほうが楽しいと思います。
旦那さんは奥さんのことを今まで省みてきただろうかと思うだろうし、奥さんは旦那さんのこんなところが腹立たしいのよ!と共感することでしょう。
とりあえず、見終わってから、人にちゃんと思っていることは伝えたほうが良いのだと思えるようになります。
さあ、坂を自転車で上って、ちょっとした丘の上から朝日を臨みつつ叫びましょう。




『雫、大好きだー!!!!!』





そんな気持ちになりました(笑)


PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM