花嫁衣装はだれが着る!?
花嫁衣装はだれが着る!?


本当にもう…零崎不足をホモで埋め、レポートの憂さもホモで埋めます。
痛いと自覚しているので、石は投げないで下さい。

まんねり、とか言いながら、まだまだ読んでいます。水戸泉さんの本。きっと、名前を変えても、この文章の感じと、攻め受けのキャラクター付けから、すぐにわかるんじゃないかと思います。
それくらい読んだのか…と思うと、あの補給期間が恐ろしくなります。どんだけ読んだの、わたし。考えれば考えるほど、自分にどん引きです。

話は水戸さんにしてみればエロさが少ないと思いました。ヤっちゃわないなんて珍しいなぁ、と思いつつ読んでいたわけですが、考えたらそういう評価もどうなんだろうね。
子供の頃からIQ高いうえに、常識をはずれ、受けにバカのように一途な攻めが大好きです。なのですけども、いい加減、そういう設定もおなかいっぱいです。かと言ってワンコ攻めがさほど好きなわけじゃなく(かつて、大好きだったシリーズはありました)、強いて言うなら、強気受けに飽きが…ここまで連続して読めば仕方ないですか。そうですか。
たまには、隷属タイプが見たいですね…!(オンラインで補給中)(痛い)

続きは「セーラー服はだれが〜」だったかな?
買うかな〜?でも、きっと、見つけ次第買うと思います。これが、水戸魔力…!

ぶっちゃけ遥かCDの方が欲しいです。のーとんはアマゾンで通販しないのかしらん。

恋の雪さわぎ
恋の雪さわぎ


ホモの補給期間は過ぎ去ったのですが、ただただ、集めたくて集めています。きっと、これで次に来た補給期間は乗り切れないでしょう。新地開拓に乗り出すと思います。
さて、「子供は何でも知っている」シリーズも欲しいわけですが、うっかり古本で買い集められたのは「恋の○らさわぎ」シリーズです。正式名称を書いたら、某テレビ番組と一緒だということに気付きました。遅いですか?別に、さんまが好きじゃないからいいです。「嵐が丘」は大好きです(ケイト・ブッシュですよ)

もうそろそろ、まんねりを感じます。すみません、嫌というほど読みすぎました。きっと間を置いて読めば、こんなことを感じることはなかったのでしょうが、仕方がありません。読みたかったんです。
西尾維新も一気に読んだら、うんざりすると思います。零崎への愛はきっと変わらないでしょうが、西尾拒絶が現れそうで怖いです。

てゆーか、次の零崎本は、ボルトキープの話だと信じている。名前、あっているよね?曲識って名前じゃなかったっけ…?
寧ろ、32歳にして、10代の小娘の足を舐めたい、<チーター>こと軋識さんが懐かしい。ガクガクしながら、零崎不足をホモで埋めます。でも、<自殺志願>は絶対だと思います。
メイドなら光さんがいいと思います。かわいい。

あれ、気付いたら零崎に話がずれてる。

OH!MYメイド
OH!MYメイド


これも、友人に借りたものです。
相変わらず、とても綺麗な絵を書く人です。陶器の人形のような絵には惚れ惚れします。今回は、若干ショタの傾向が強いカップリングで、どうしようかと思いました。
前に読んだ本は、高校生同士の話で、今回はほとんど小学生くらいの年齢ばっかりで、どきどき。対する攻めは20代に見えますからね。怖い怖い!これが、ロリータものに匹敵するわけですね。恐ろしい。
かといって、別にショタが読めないわけじゃないので、問題ないんですが、どちらかというと下克上の展開のほうが、ときめきます。
でも、「戦う!セバスチャン」しかりジーヴス然り、執事も嫌いじゃないです。ザ・下克上。ああ、すごく素敵な響きですね。

王様★★ゲーム
王様★★ゲーム


グッジョブ、シエル!
グッジョブ、マイフレンド!

バイト先で、これもやっぱり気になっていた一品。古本で買おうか迷っていた一品。結局、中身が確認できなくて、買っていなかった商品。
そんな商品を、「え、持ってますよ〜」と貸してくれた友人に感謝。もう、ほんと、ありがたい。今度、わたしが持っているホモマンガも持っていきます。二人で、濃い世界に買い物にも行こう。
朔来さんとは帽子屋を探しに、もといシルクハットを探しに出かけたいといっています。ただの阿呆ですがな。

中身は前に出た巻をあわせて二つの国におけるホモどもの話。
こちらのほうでは、二国間で同盟を結ぶべく差し出された、王子と王様の話。そこの王様がべらぼうに可愛かった。でも、気になったのは「蛟」という名前の弟のほう。昔からこの手の名前には弱いです。龍の眷属だったかしら、蛟。
ほかには、その王様の兄弟と、王子のほうの兄弟の話。

うん、とりあえず、楽しかったし、絵も嫌いじゃないから買いに行こうと思います。
本当に、グッジョブ、マイフレンド。

オールカラー陸海空自衛隊制服図鑑
オールカラー陸海空自衛隊制服図鑑


学校の図書館で発見しました。ちょっと前まで、ショーケースに飾られていたらしいです。
いったい、誰が注文したのでしょうか。そして、誰が読みたがったのでしょうか。なんで、入荷したんだろうか。需要があるとはとても思えないのだけどなぁ…まあ、見る分には楽しいですけど。
あ、わたしみたいな人が開くために入れたのかしら?
でも、どうせ入れるなら、ナチスドイツの制服が見たかった…!

ひざまずいてメガネをかけろ
ひざまずいてメガネをかけろ


入荷すると同時に、バイト先で話題になった一冊です。アルバイトがこぞって気になると連呼し、誰か買ってよ、と押し付け合い、放置されること凡そ一月くらいですか?
ついに、Kさんがうっかり買ったので、貸してもらいました。

全部メガネ。

どこまでもメガネ。

いや、たまにはこういうのも楽しいです。なかなか、いろんな意味で中身が濃いです。フェチにはオススメかもしれない。
懐かしいス○ウターとか、時代を感じます。知っている人は知っているけど、わからない人はわからないよね、スカ○ター。最初はベジータも持っていたよね、アレ。
とりあえず、一回読むと、おなかいっぱい。

恋の大さわぎ[新装版]
恋の大さわぎ


恋からシリーズも3作目まで読みました。あと買っていないのは、5と6?いや、買う気ですが。ハッピーサマーウェディングも諦めたわけじゃありませんよ。定価900円だって、わたし、負けない。

一気に読んだのもあって、結構、幾度か目にする単語がチラホラ。受けと攻めの傾向が同じですが、ああ、いいの、いいの。変態が攻めだということについて、何の異論もないから。
受けしか見えていない、優秀であっても人間的には、全くもってどうしようもない変態攻めが好きなの。うっかり受けを花瓶に見立てたり、ピアスぶすぶす刺しちゃったり、二人で山篭りしちゃうような攻めが好きなの(史鋭慶鬼畜ルート抜粋)

嘉瑞が思いのほか可愛いのでイイ感じ。でも、水戸作品はいまだにセラフィムが好きかも知れない。
二穴攻めのポイントはどこまでも高いような気がします。

次は、「恋の夢さわぎ」、「悪魔はそれをガマンできない」のどっちか

隣のおにいちゃん
隣のおにいちゃん


買ってきちゃったーv
藤成さん大好きです。幼馴染は今回、保留にして、オトメカレシもいったん、保留でこれだけ。これが一番最初のコミックスだったらしいです。うわー絵が古いですね…!なんとなく、ほんのり懐かしい気持ちになります。
でも、内容は相変わらずですけれどもね…!
個人的には従兄妹同士のが一番良かった。可愛かったー年齢差下克上だけど、身長差下克上ではなく、攻めがえらくオトメで可愛かった。でも、流石にテントは隣に丸聞こえな上に、影でバレバレですね。いや、たまにはいいよ、可愛いから。
うっかりコレを読んでから「オトメカレシ」も買ってくればよかったかもしれない、と後悔。また今度だー

てゆーか、Lamentoも欲しいけど「みらくるのーとん」も欲しい。
ここは両方買っちゃうかー!

プライド
プライド


漫画よりも若干バレにくいため、爆弾度の下がる小説を貸そうと、補給期間が終了したにもかかわらず、パラパラめくっていると、やっぱり楽しくてうっかり全部読みました。「プライド」だけ。父子家庭は「子供は〜」シリーズと同じノリなので、しばらくはいいです。
てゆーか、続きは欲しいけれど、四巻はどこで買えばいいの…?(大問題)

プライドは基本的に「セラフィム」に近い要素が満載です。鷹司と三田の性格が似ているような気がしているのでなおさら。
まあ、この人が書く攻めは、見目がよく、優秀で、溺愛と依存の傾向にあることが多いので、ソレもあると思います。受けも同様で、ものっそ強気で可愛いです。ああ、イイ…(BASARA光秀風)
ここらへんは、藤成さんの時に書いたのと同様、好みが出るので仕方ないですよね。水戸さんはフ○ラや、薬やらで、焦らして焦らして焦らした上で、言葉攻めにした挙句、挿入ってケースが多いですね。
ああ、撮影しながらって言うのは、この人は初めて見ました。
ひっそり、世の中にもっと親父受けが増えればいいと思っています。いいよね、アレ。尿○攻めも増えるといいよ…!

とりあえず、「俺を拒むな」は心底可愛いと思いました。
だから、史鋭慶とか兄様が好きなのかもしれない。

僕と先生とメガネ
僕と先生とメガネ


……結構、性質の悪い病だと自覚しています。
疲れてくると、ホモを補給に走る癖を、どうにかこうにか抑えようとは思っているんですが、最近、もうオンラインでイイのが発掘できないもので…!
で、ラブレボはすごい購入を考えたのに、こっちはすぐさま買ってきちゃうという醜態。

「隣のおにいちゃん」とかと同様短編集です。一つ一つが短いのに、濃いところが短編集の楽しいところです。色々詰め込んであって楽しいですね。
でも、同人誌も満遍なく読んでいるんでわかるんですが、藤成さんは乳首いじって、下をいじって挿入が好きですよね。あとは軽い言葉攻め?基本的に道具は使わないなーと思っていたらコレで初めて出てきましたよ、異物が。
わー初めてー ちょっと楽しい。
あとは水戸先生かな。漠然と欲しいのがいっそ恐ろしい


PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM