映画の公式サイトはこちら(http://twilight.kadokawa-ent.jp/top.html)です。
上に紹介している本は、ノベルスとして出版された第一部(愛した人はヴァンパイア、血は哀しみの味、闇の吸血鬼一族)を文庫化したものです。
個人的に、何が一番悔しいって、この文庫化です。
待ってくれよ、なあ、待ってくれよ。ノベルスの本ってさ、1冊900円位するんだよ。それを3冊買ったんだよ。それが、1冊500円くらいの文庫で2冊かい?
金額にすると、ノベルスで2700円が、文庫で1000円よ?あと、100円出したら、映画が観れちゃうくらいの差が出るんだよ?
このがものすごく悲しかったです。でも、ゴツボのイラストがないトワイライトなんて、かったるくて読んでいられません。ゴツボの書くエドワードとベラが好きなんです。アリスとジャスパーが好きなんです。

ちなみに、わたしは第四部を読んでいません。え?ベラがエドワードの子供を身ごもっちゃったって?
エドワードって肉体的には死んでいるものだとばっかり思っていたんだけど、精子は元気に生きてるんですか?てゆーか、肉体関係もてたんですか!
最初の、キスするものどうしようかな…っていう、初々しさはどこにいったんでしょう。食べちゃうかもしれないって言っていたエドワードはどこに行ったんでしょうね!(笑)


さて、映画ですけれども、キャストが知らない人ばかりでした。
とりあえず、アリスがとんでもなく可愛かったです。ベラも可愛かったです。でも、アリスの方が好みです。
原作を知っている身として不満だったのは、吸血鬼たち独特の『小鳥のように話す』というシーンがなかったこと。映像化するに当たって、小鳥のようにピーチクパーチク話されたんじゃ、話が進まないのはわかるけど、なんか不満でした。
代わりに、太陽に当たるとキラキラと輝く彼らのダイアモンドの肌!どうやって表現するのか、ニヤニヤしながら待ってました。
確かに、すごいキラキラしている!まぶしい!まぶしすぎる!
と、ここまで見た段階でわたしは満足しました。

そこから先は、つまらない。飽きた。を連呼。
原作でも、コレと言って山場のない展開だったのを覚えているので、先が楽しみじゃない。しかも、エドワードじれったい。どこまで行っても、じれったい。
だから、あんた、さっさとベラを仲間にしちゃえばいいじゃん!


観て後々まで残っているのは、相方とのトークのネタとして使われるダイアモンドの肌くらいです。
小説の続きをわたしが読むか?それは、NOでしょう。もう、あれを楽しいと思えた学生時代には戻れません。

バットマン ビギンズ [DVD]
バットマン ビギンズ [DVD]


会社で、わたしのいるフロアの若手(つまりフロアの住人の2/3)は映画が好きらしいです。
わたしが見てみたいなーと思う映画をあげて、わからない人はそういません。おお、素晴らしい!今のところ、『ベンジャミン・バトン』、『チェンジリング』、『少年メリケンサック』が見たいです。一番最後のは、勝地くんが出るからです☆
いつか、舞台も見に行くから、勝地くん…!!(笑)

そんな感じのフロアで、以前、『ダークナイト』が話題になったのです。見てみようかと言ったら、先輩に『バットマン ビギンズ』の続編みたいなものだから、そっちを見てから見ると、よりいっそう楽しい!と一押しされました。
なるほど…そういう助言には従います。楽しくなるための努力を惜しんではいけません。
なので、レンタルショップへ・・・と思っていたら、相方がウェブから落としてきました。この、バットマンユーザーめ!

実際のところ、わたしはバットマンシリーズを見たことはありません。
そういえば、前に見たことがあるような…くらいの曖昧さ。でも、隣には解説者が常駐しているので問題ありません。わからなかったら聞けばよいのさ!
と思ってみていたんですが、バットマンってこういう風にして誕生したんですか…
何がすごいって、主人公がお金持ちって言うところではなく、なんか知らないけれど、会社が開発していたらしい道具の数々!!
えぇっ!?コレ本気で実用化しようとしていたの!?という商品ばかりです。それに、主人公も基盤は忍者だから、笑うしかありません。
なぁ、バットマンが最初に誕生した頃は、忍者って言う概念は、向こうにはなかったんじゃないのかい?世界最強を引っさげて、ここで登場ですか、にんにん。

全体のクオリティはやっぱり、高いと思いますよ。うーん、思い入れが高いってことなんでしょうね。
やっぱり、『ダークナイト』とは最初から繋げるつもりだったらしく、ラストには、きっちり繋がるように作られていました。劇場で見たら、まじかよ!続きものかよ!と突っ込んだに違いありませんが、ここはホームシアターと思えば、なんのその。
さあ、続きといこうじゃないか。
レッツ、『ダークナイト』!

伝染歌 プレミアム・エディション
伝染歌 プレミアム・エディション


見終わって、一番最初に出た言葉が、『で、結局なんだったの?』です。
ゴロゴロしながら、つまりは一体どういうことかとたずねてみましたけど、返答は『さあ?』です。
寧ろ、人が死んだりするシーンが軽すぎて、怖いという印象が残らない。という批判のほうが強かったですね。
確かに、日本のホラーの怖いところは、映像の中から、差し迫った死の恐怖を感じたり、側に居るかもしれないという恐怖を醸し出してくるところです。
それが無いのでは、日本のホラーは全てB級。
洋画のホラーはドッキリ系なので、もっとB級。
もちろん、わたしの主観です。お相手してくれた人は、ドッキリ系に弱いそうなのでね。人はそれぞれ、苦手な分野というものがあるんですね。


内容としては、薄ぼんやりしすぎて、良くわかりません。
結局、『伝染歌』を歌った人は、死んでいますが、それが実際に歌のせいかどうかというところには迫りません。そもそも、本当に歌で死んだのかどうかすら不確定です。
あーん?結局のところ、どーなのよ。そんな感じです。
大学の友人となら、きっとあそこがどうなってという解釈を互いにして、意見をすり合わせたでしょうが、今回のお相手にはズッパリ切り捨てられました。
『女の子を集めて、何かやらせるための映画でしょ』って…orz
まあ、そんな感じの映画だといわれたらそうなので、一言で言えば、それが一番正しいでしょう。他に表現の仕様のない作品でした。

なんだかなー…これ、ホラー?って思うような作品に出会ったのは初めてですよ。
ハリウッドの作品でなら、時々あるけれど、邦画は今までなかったのにな。不発ー!!!
次は、M・ナイト・シャマランの『ハプニング』でリベンジしたいですネ。問題は、誰が一緒に見に行ってくれるかという一点に尽きるのですがorz
映画好きが今、就活終わっていればいいな…orz

ナショナル・トレジャー 特別版
ナショナル・トレジャー


『ナショナル・トレジャー』みたいんですよねー
って、言ったら、会社の先輩が貸してくれました。
うおぉぉぉぉお!まじで!?我が家にショーン・ビーンが来ちゃう!?これはもう、いつでもテンション上がっちゃうよ!

というわたしなので、周囲が、ニコラス・ケイジだよねーなんて言っている最中、『ション・ビーンが見たいんです!』と堂々と言ってのけます。
もう、なんでナショナル・トレジャーが見たいって、CMで一瞬だけ映った豆が見たくて、見たくて、それが故ですよ。主演がニコラス・ケイジだって知ったのは、豆が出ているとわかったときより後です。
視界に、豆以外の登場人物はいなかったのかと、我が目を疑います。
開始早々、声のトーンだけで、豆を当てたわたしにもドン引きです。

ストーリーは普通に楽しかったですよ。
劇場でお金を出してみたいとは思いませんが、それでも、払ってもそれなりに楽しめたと思います。
映画は映画館で見るほうが楽しいと言い切っちゃいますが、なかなか心底楽しいと思える作品には出会えないですからね〜
それを考えると、これは、終始観客を飽きさせなくて良い作品です。
確か、続きがあるので、それを是非みたいですね!



ナルニアの2章は結局、ロンリーで見に行きます。
同行者の熱が下がらず、病み上がりを人ごみへ連れ出す気も更々ない。本人にしてみれば、すでに口実は意味を成さないからね。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 特装版
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 特装版



買っていたんですけど、見たのは今日は初めてです。
だいたい、気になった映画は劇場で見る派なのですが、これは、カヲルくんが石田彰なので、見に行くのをやめていました。
石田はわたしのトラウマ!


まあ、それで見たんですが、イケる!イケる!
やっぱり、リアルタイムに放送されていたときは、アナログだったのか、色合いが若干違いますが、相変わらず綺麗です。デジタルになると、なんとなく、どのアニメも色が一様に濃くなるような気がします。
目の錯覚なのかなぁ…心持ち、アナログのほうが色合いは好みです。

劇場版になったことで、ストーリーは圧縮されています。
シンジがエヴァに乗るまでの過程が短かったり、使徒が来るまでの間隔が短かったり。特に、使徒が倒れるのがわかりやすくなりましたね。
なんていうか…消え方が派手?
アレ?と思ったのは、最初に初号機が対戦した使徒。あいつの腕を自分の腕にくっ付けて、あの使徒食べなかったっけ…?おかしいなぁ…
あと、劇場版の最後に出てきた使徒。レイが微笑みをくれた、あの回の使徒です。あれって、あんなに形が劇的に変わりながら攻撃してくる使徒だった?不思議に思って、既に見た人に聞いたら、やっぱり違うらしいですね。
リアルタイム放送時を振り返ると、ドリルが安っぽくてダサイだそうです。

レイの微笑みは、相変わらず癒しです。
カヲルは評判どおり、美人度が増していました。うおぉぉぉぉぉ!!!!
これは、カヲルのフィギュアが欲しくなりますね!もちろん、買ったりしませんけど!

ふらりと入ってしまいました、映画館。
一人で映画を見るのに躊躇いがなくなってしまったので、少し気になると入ってしまいます。
なんか、すっかり外見は社会人らしく、料金請求が一般で寂しいです。一応、まだ学生なんで…流石に、ちょっと気になる程度の映画に1800円は出せないよ。
そんな感じで、『ライラの冒険』です。よく見たら、先行上映だったらしいです。強風のせいか、映画館はガラガラだったんですが?それとも、ハリウッド映画があまり好調ではないからでしょうか。
どちらでもいいですが、ガラガラは寂しい。


この映画、3部作です。冒頭で、これは似ているけれど違う世界の話、二つ目はあなたの世界の話、三つ目は二つの世界の話。と言ってました。
そのためか、本当に、『黄金の羅針盤』では、パラレルワールドの話だけでした。
本編だけの内容だと100分くらいの作品で、エンドロールがいやに長く感じました。気のせいかな?
全体の評価は全てを見終わってから出ないと、正確なのが出せないと思いますが、『黄金の羅針盤』、5段階中、3です。
突出して良いわけでもなく、ボロクソに貶すほど悪くもないという感じです。不もなく、可もなく。そう思っていただければよいかと。
熱烈に続きが気にならないという点で、続き物としてはどうかと思うんですが、どうでしょう。つなげ方と言う点で見れば、『ロード・オブ・ザ・リング』のほうがうまいです。


わたし、イオレク・バーニソンが可愛くて好きです。
でも、イオレク・バーニソン。クマの国の王になったのなら、クマ引き連れてライラを助けに行けばよかったのに!と思います(笑)

ま、本編は伏線もあるんでしょうが、説明不足は否めない感じでしたので、ここは連ドラの初回だと思って見に行っても良いんじゃないですか?
わたし、次にファンタジー見るなら『ナルニア国物語』にします。カスピアン王子の角笛ですよね。
5月を待ってます。

ガチホモ・・・!!!Σ( ̄□ ̄|||)


年末年始で映画がいっぱいやっていたので、録画していたものの一つです。
映画館でまだ上映していた頃から、一部の人達の間で、ホモだよーと名高かった作品です。
実際、噂に違わず。というのが、初見の印象です。
その感想もいかがなものかとは思いますが、腐女子が一瞬にして腐ったフィルターをかけてしまうような、台詞の数々がいけません。無駄にフィルターの枚数が増えていって、減る気配が見えません。
流石、一時期はコミケでそれなりのスペースを確保していただけあります。
ああ、因みにマイナーの自覚はありますが、メイ攻め!(笑)


それはさておき、元々は児童書でしたっけ?話は良いですよ。
一度かかってしまったフィルターを敢えて外すのは、面倒臭いのでしませんが、外してしまっても、この話は良いですよ。
動物版ロミジュリって言うんですか?
一般的には、友情エンドですが、腐女子的には恋愛エンドです。オフィシャルでBLにしてやられた気分でした。

ちょっと、あのエンディングは唐突だったかなー。
でも、家族の前でガチ!と口走らなかっただけ、良かったです。

いっちっちとホラーみました。
一緒にホラーを見てくれるのは彼女くらいです。皆、楽しいから一緒にホラー見ようよ。家で上映会をすれば、ホラーなんて、ただの突っ込みどころが満載の映画に過ぎません。
次にコメディみて、はしゃいでれば怖くないよー


サイレン
これは、お家で上映会。いつものごとく、PS2では巻き戻しと早送りの機能が分からないので、再生しかできません。寧ろ、一時停止も、停止も分かりません。見るだけです。成長してません…
中身は思っていたよりもホラーではなく、サスペンス?
最終的に、あまりにも多くの謎を残しすぎて終了だったので、二人一緒にネトサフ。どっかに考察!ネタバレはどこ!?と、探し回りましたが分かりませんでした。
途中、お隣さんの役をやっている人が、明らかに男性ぽくて目が釘付けでした。あれ、多分、てゆーか、絶対、男だよね?体格変だよね?

わからなかったのは、まず、赤い女の人
多分、人魚なんだろうなぁ…と格好などで理解できますが、実際に人魚なのか、人魚の亡霊なのか、そこらへんが曖昧です。
無駄に強調して出てきた割には、役回りがあまりなく、一体何のために現れたのか分かりません。パパ(森本レオ)とユカ(市川)には見えていたみたいですが、他の人には一体どうだったのでしょうか?

その次、廃墟の住人
『サイレンが鳴ったら外に出てはならない!』といっていたおじさんです。そして、姿を消し、鉄塔でユカに蹴り落とされた人です。
彼は、他の島の住人とは異なるようなので、最初に『サイレンが鳴ったら外に出ちゃ駄目よ』という警告とは重さが違うように思えます。彼も『サイレンが聞こえる』側だったんでしょうか。

最後、サイレン
『聞こえる』人と、『聞こえない』人がいるようですが、区別なんて一体どうやってつけているの。四度目のサイレンで皆殺しですが、何回目かなんて、誰もわからないじゃないの。
よそ者がそうであるというなら、パパだって、そのカテゴリに当てはまりますからね。
妄想オチでも別にいいんですが、ここまで謎を残しっぱなしにされると、悔しいです。ゲームやらないと理解できないって言うの!?



こわい童謡 -表の章-
最初に極論を言うなら、どんなホラーでも映画館という暗所で、効果音をバッチリ利かせて見るなら怖い。
サイレンはちっとも怖くなかったんですが、きっとツッコミを入れられるか、入れられないかの差もあると思います。ツッコミどころは物凄くあったんですよ?でも、流石に映画館でいうのは憚られました。
『ひらいたひらいた』の彼女が殺されたあたりのツタがあまりにもガーデニングの素材にありそうで、ツッコミたかった。でも、彼女の殺され方が一番エグイです。
これは、ホラーというよりも殺人事件の素養のほうが高かったですね。

内容の理解度は、サイレンよりも悪く、ほとんど理解できていません。
表の章だし、仕方ないと思います。裏の章で、解決といわれているのだし、そこらへんは諦めます。
別にかまいませんが、『ひらいたひらいた』と『ほたるこい』だけは元々の詩が分からなかったので、怖さが半減。『かごめかごめ』『とおりゃんせ』『はないちもんめ』『ずいずいずっころばし』は知っていたので問題ありません。
『わらべうた』に関しては、もはや理解不能です。裏の章で説明されるものと考えるのを止めました。どちらかといえば子守唄ということを考えれば、『愛されている、怯えるな』とでも言っているようですが、『眠るように静かにお逝き』と言われているようでもあります。

ベスト・オブ・ホラーシーンは、『かごめかごめ』の彼女が、飛び降りをして、地面に落ちる直前『うしろのしょうめんだあれ?』というシーンです。
ちょっと、これがこびりついて離れない。ちょっとしんどい。
逆に、一番怖くなかったのは、『ずいずいずっころばし』ですね。

しかしまー…思い返せば、大道具というか、色んなところに使っている道具が陳腐というか、B級です。でも、『かごめかごめ』のあのシーンはマジ、ビビる。
志方さんの歌、良かったですよ(´▽`)

昨日、やっと見終わったんですが、喉元まで詰まるトークを吐き出しておこうかと思います。
なんかもう…普通に画は綺麗だった。フェードアウトの回数こそ鬼のように多いけれど、画は綺麗だった。作った時期を考えても、良かったとは思う。

続きを読む >>


PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM