人様のクローゼットの中身とか引き出しの中って気になりますよね。
見たかったんだよね〜の一部が垣間見えて楽しかったです。
だいたい、何かに特化したなりわいを持つ人は持ち物もわかりやすいですね。
まだまだわたしはフラついているな、と感じました。
人生の変動期で、自分一人ではなかなか思うようにできないってものあります。

わたしの目下の興味は人様のクローゼットです。
洋服は何枚くらい持ってるのかしら?
収納はどうしてるのかしら?
どのくらいのスパンで買い替えてるのかしら?などなど。

広さ的に無理ー!というのもありますが、参考になります。
わたしも薄手の服をメインに重ね着スタイルを検討したいところですが、たぶん、光沢のあるブラウスを何枚か持ってパンツスタイルみたいなのが似合うと思います。
たぶん。

さあ、今日も明日も片付けだ!

あー片付けしよう!とやる気出させてくれる本です。
収納のアイディアをくれる本ではありません。

出入りするだけの玄関が汚かったら、部屋のすべてが汚いよね。
他の部屋は汚いけど、玄関だけ綺麗とかってないよね。
と言われてしまうとそのとおりですなぁ と頷くしかないです。わたしは。

よくこういう本で書かれている『時間がないというのは言い訳にならない。』というやつ、子持ちの共働きにはなります。
スマホいじってる時間や、テレビの時間があるでしょう?それを有意義に使いなさい。とありますが、そんな時間はほとんど設けてない上に、わずかな息抜きを失えば心が死ぬのです。

とはいえ、睡眠時間を削れば多少は捻出できるため、身を削り少しずつ進めようと思います。
そうです、子持ちの共働きは身を削らないと自分の時間が入手できないのです。

実際、片付けは延々少しずつ実行中です。
子供の成長に合わせて家の中をカスタマイズしているんです。
前はベビーゲートの向こう側に危険物を置いていましたが、ゲートを超えられるようになってから撤廃し、玄関に移動させた殺虫剤とかの置き場に迷っています。
玄関はあーしたいこーしたいがあるものの、夫婦で同意がうまく進まないところでもあります。
わたしの香水の置き場所も問題のようです。

んー片付けは悩ましい!

広い家のほうがいいような気がするけれども…というのを前提にした本。
広い家を選ばなかった人は何をどう暮らしているのか。

我が家は子供がひとりいて、いずれは個室を欲しがるだろうと推測しているのであまりにも狭い家には住めない。
かと言って90平米を超える家もいらないだろうと思う。
70平米くらいじゃないかな?と思っている(わたしは)

狭い家を選択した人はだいたいが職場と家が近いことを選んでいる。
今の都心回帰と同じ論理で結果的に狭い家を選んだことになる。
確かに、わたしも住めるならば文京区あたりに住みたいなぁとら思うが、程よく田舎な雰囲気も好きなのでやや郊外が好きだ。
居住する場所は好みによるので、あとはそのエリアで予算に見合った広さになるのだろう。

ちなみに、スペースをつくるためにミニマリストになり炊飯器もレンジもない!というような生活はわたしにはできない。
こじんまりしていて、それはそれで興味はあっても40平米以下の家も選べない。
参考になるのはその収納方法だと思う。
わたしは階段が収納になってるのがとても可愛くて好きだ。
真似できることは少なくとも片付けの気合が入るし、家を広く見せる方法が書いてあるので参考になる。

わたしも洋服はハンガー収納にしたいなー!

男性向けの着物本は新書なの〜と不思議な気持ちです。
今夏、子供に浴衣を縫い、家族全員浴衣で出かけるというのを何回かしたら楽しくなってしまい、夫にも着物を買おうと読んでみた本です。
着物を着る男性ってブログランキングの上位にも出てきませんし、本も絶対数が少ないので何を読むか迷ってしまいますね。

一応、着付けも載ってる本なのですが、新書で着付けを解説するというのは難しいですね。
言わんとしてることはわかる、というのはやはり着てるからだと思うので、着付けのみを見たいならフルカラーの解説本が他にもありそうです。
でも、男性が着物を着るならこれがあれば!というのは網羅されているように思います。

というかですね、男性の着付けに必要なものを見ていると女性はなんと小道具と格と組み合わせにうるさいことか!
こんなに簡単に着られてしまうなら、夫に着物を買うのに躊躇いが生まれませんね。

秋にもみんなで着物でおでかけできますように!

評価:
辻村 深月
毎日新聞社
¥ 1,512
(2011-11-25)

辻村深月と藤子・F・不二雄は切り離せない存在なのだな、と痛感したエッセイ何冊目?
わたしもドラえもんを見て育ってきて、映画もたくさん見たしわかるわ〜と思うものの、そこまでの情熱はなかったのか、あの映画のあの話、○○というキャラクターといわれてもピンとこないことも多い。
一番悔しかったのは、のび太のパラレル西遊記はわたしも大好きで何度も見たのに主題歌を思い出せなかったこと!
あとでYOU TUBEで探しました。
イントロですっかり思い出したものの悔しいこと悔しいこと。
何かに特化する人の、その熱意に感服です。

時系列を考えずに読んでいるので、この本を最後に辻村さんは産休に入り、子供を産んだんですね。
もう6年くらい前の話なんですね。
いやはや、時の流れが早すぎます。

この本で子供に甚平と浴衣を作りました。
子供が生まれてから裁縫を始めたので大変だったけれども、浴衣は子供が大喜び。
甚平の頃はまだまだよくわからなかったようでした。

作ってみた感想は甚平より浴衣のほうが簡単!!!
裁断がきちんとできるなら大人の浴衣も縫えそうです。
来年もまた縫ってしまうかも???

前に23区格差って本も読みましたよ。
高級住宅街といえば山手線の西側、私鉄の走ってるエリアってイメージですかね?
実は高級住宅街ってのがいまいちピンときてなくて、山手線の内側ならどこもかしこも高いわ、バカヤロウ!と思ってるんですわ。
ただ、最近のトレンドとしてタワーマンションがあり、それによって港区はじめオフィス街に人が戻りつつあり、湾岸にも人が増えたって話です。

実際、どこに住みたいか、という話になると新陳代謝の良い街というよりも、程よく老いも若きも住む街が良い。
なので、繁華街の近くは住みにくい。
かと言って、タワーマンションの建築が進む武蔵小杉なんかは20年もすればかつての高島平団地や多摩ニュータウンのようになるのが目に見えているので、なんとなく敬遠しています。
子育て真っ盛りなので、子育て世代に優しいエリアに住むのが1番なんですが、そこに行くと20年後に老人しかいない街ができるんですよね。

子供の教育、自分の老後、仕事、行政サービス。
トレンドに乗って居を構えるべきか、今日も貧乏人の悩みはつきません。

評価:
辻村 深月
講談社
¥ 1,620
(2015-11-11)

図書館で暮らしたいって気持ち、わかります。
小さな図書館の本でさえ、すべて読むのは難しく、まだ読んだことのない本がたくさん!
新しい知識との出会い、主人公との出会い、なんてわくわくするんでしょう!

そんな図書館で暮らしたらどんなに素晴らしいかという話ではなくて、辻村深月さんのエッセイ集です。
本の虫だったこと、すごく小さな頃から文を書くのがすきだったことが窺える本でした。
わたしはずーっと文を書くのが苦手で、夏休みの宿題の定番、読書感想文がほんとうにほんとうにダメで、母に叱られながら書いていたため、羨ましいやらなんやら。

エッセイ集なので、短編が連なり、長編が好きなわたしには集中力がプツンプツンとそわそわしてしまいました。
次はまた長編が読みたいわ。

あーわたしはヘルプシーキングが苦手だなぁ、と気付きました。
助けてって言う言葉を発するために、自分がトコトン追い詰められないといけないので、他方に迷惑をかけてしまう。
いけないですね、見直します。

この手の本は基本的に古式ゆかしい日本企業を対象に話がすすむので、外資だとすでにある制度の導入を希望したりしています。
わたしもいずれは、今の職場で正社員の座を捨てようと思っているんですよ。

さて、役に立つかどうかの話は、夫婦と保育園以外の外部の手を借りている人はスキルアップが見込みやすいといった印象でした。
夫婦と保育園で完結してしまうとマネジメント能力はさほど上がらないと思うんです。
ソースはわたしです。

そんなことは置いておいても、言葉の通じない子供の世話をしたということで、新卒のいう部活で根性が云々よりよっぽど心は鍛えられています。
ポキっと折れない強い心とたくましさ、母は強いです。
育児は本気で向き合った人を強くします。

結論から言えば、意識が違う。

一朝一夕に克服したのではなく、長きに渡り、子供は守らねばならない、貧困から救うために子供と母を救わねばならぬ。と思っていたということでしょう。
それこそ西洋と日本の宗教の違いとでも言うべきなのでは?
レディファーストという文化もその一端を担っているのだと思いますよ。
良くも悪くも騎士道の社会では女子供は守るべき存在だ、と認識されているように思えます。
あとは民主主義の具合でしょうか。
自由が合言葉みたいなフランスだからかもしれない。

日本の保育園は家庭保育のきめ細やかさを求められているから過労働という感はある。
保育士さんたちには頭が下がるといつも思う。
では、フランスは?
画一的な保育であるのが否めないのと、そもそも中流家庭以下が入れるところなのだそう。
所得や階級がしっかりと受けれる保育サービスに反映されている。
かわりに、3歳からプレ小学校(意訳)に全員入れるので、どんなに高い保育料も3歳には終わるという安堵がある。

じゃあ、小学校は?学童は?と気になるところは満載だ。
フランスを真似できるところは是非、真似ていきたい。
とりあえず、法律と外圧の中にある保育園と育児がもっとスムーズに行えるよう、わたしたちが祖父母世代になる頃にはもっと子供を愛して守ってあげられる日本になっているといいな。
現在は子供を殺すつもりの社会だから、子供に対しては産んでしまって申し訳ない。
日本から連れ出たい、としか思えない。


PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM